ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

受け継いだ空き家は相続放棄することができる?

実家で暮らしている親族が亡くなるなどして、空き家を相続することになった場合、多くは地方にある実家を空き家として持つことになりますが、固定資産税の負担や定期的なメンテナンスなど、コストや手間がかかるため、受け継いだ空き家の相続放棄をしたいと思う人も少なくありません。

ここでは空き家の相続放棄についてご紹介します。

空き家を相続した際の流れ

実家の両親が亡くなって、空き家となった家を相続した場合、住む、住まないは本人の判断ですが、住んでいなくても毎年固定資産税が必要になります。

また、空き家のまま放置すれば老朽化が進むので、定期的なケアや修繕も行わなければなりません。
相続してしまえば、自分の家と同じように自由に扱うことができますが、それに対する経済的、時間的負担がかかることも忘れないようにしましょう。 

空き家を相続放棄する方法

空き家を相続するか放棄するかを決めるのは、相続が発生したことを知った日から3カ月以内に行わなければなりません。
3カ月を超えてしまうと自動的に相続されてしまうので注意しましょう。

相続放棄は、被相続人の居住地の家庭裁判所で申請し、相続人本人が申請しなければなりません。
必要な書類としては相続放棄の口述書のほか、住民票や戸籍謄本、それに伴う印紙代などが必要になります。

これら以外に、ケースによって別の書類を求められる場合もありますので、裁判所へ確認するようにしてください。
裁判所で相続放棄が認められれば、相続の放棄が完了します。 

相続放棄する際の注意点

相続放棄は全ての相続を放棄する意味ですので、例えば空き家だけ放棄して、預金はもらう……などと都合の良いことはできません。
一度相続放棄してしまえば、空き家以外に何か見つかったとしても、口出しすることができなくなりますので注意してください。

また、相続放棄は一度してしまうと取り消しができなくなります。
空き家だけが要らないという理由で安易に相続放棄をせず、さまざまな遺産を確認したうえで、慎重に判断するようにしましょう。

このほか、相続放棄は3カ月以内と期限が決められています。ダラダラと時間だけが過ぎてしまうと、相続放棄したくてもできなくなってしまいますので注意してください。 

相続放棄以外の処分方法

相続放棄は全ての財産を放棄しますから、現金など他の遺産が多くある場合は空き家も含めて相続したほうが有利になる場合もあります。

相続放棄以外に空き家を処分する方法としては、一度相続を済ませたうえで、空き家の売却を検討します。
不動産会社を通じて買主を見つけてもらう方法以外に、不動産会社に買い取ってもらう方法もあります。

条件によっては自治体などに寄付することも可能ですから、相談してみるといいでしょう。 
 

空き家を手放す場合、相続放棄という選択もありますが、これはプラスもマイナスも含めてすべての財産を放棄することになってしまいます。
空き家だけを手放したい場合は一度相続を行ってから不動産として手放す方法もありますので、上記を参考にして慎重に決めるようにしてください。

【タグ】#初心者,#コラム,#ポラス,#空き家,

新着コラム

一般的な不動産売却の流れとは?

以下の内容が一般的な不動産売却の流れとなります。 すでに売却する不動産が決まっ…

安心・安全な住宅に住むためには欠かせない「インスペクション」とは?

建物を長持ちさせるには、新築時点の品質チェックとご入居後の適切な点検とメンテナン…

住み替えするなら知っておきたい3つのパターン

今回は、住み替え方法について説明します。 住み替えにはさまざまな理由があり…

不動産の売却と買取の違いとは??

家を売る手段として、「売却」と「買取」があります。今回はその2つの違いについて説…

ポラスに不動産売却を依頼するワケとは??

いざ家を売ろう!となったとき、どこの会社に依頼すべきかわからない……

不動産を高く売却する3つのコツとは?

大切な資産を少しでも高く売りたいと考えることは当たり前のこと。 不動産を少しで…

不動産売却にはいくらかかる?

終の棲家(ついのすみか)として購入した不動産を売ることはあまりない経験だと思いま…

【マンション売却】これまで支払った修繕積立金や管理費は返金される?

マンションを購入すれば、賃貸のように毎月家賃を支払う必要はなくなります。 しかし…

やはり築浅有利?住宅売却のポイントは媒介契約制度(専属専任・専任・一般)にあり!

「住宅購入は人生の一大イベントだ」とはよくいわれますが、結婚や転勤、子どもの独立…

売却の際、信頼できる不動産会社を選ぶポイント

「不動産を売りたい」、そう決意した時、大抵の人は自己取引ではなく、不動産会社に依…

実家で暮らしている親族が亡くなるなどして、空き家を相続することになった場合、多くは地方にある実家を空き家として持つことになりますが、固定資産税の負担や定期的なメンテナンスなど、コストや手間がかかるため、受け継いだ空き家の相続放棄をしたいと思う人も少なくありません。ここでは空き家の相続放棄についてご紹介します。