ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

家が売れない時の解決策ととるべき行動

思うように家が売れなくともあきらめる必要はありません。 家が売れないのには必ず理由があり、同時にそれを解決するための対処法も存在しています。 本記事では家が売れない時に行うべき行動と行ってはいけない行動についてその理由とともに解説していきます。

家が売れない原因は?

家が売れない原因には多くの要素が考えられます。 特に原因として多いのが下記の3つです。


価格が高い

まずは売り出し価格が高すぎていないか確認してください。 今はインターネットや不動産会社を通じて簡単に近隣の物件と比較できてしまい、同じような条件の物件と比較して少しでも高いと即購入対象から外れてしまいます。 不動産会社と相談して相場から外れた価格設定となっていないか確認してみてください。


物件に大きなマイナス点がある

近隣で有名な事件や事故が起きていると他が好条件でも敬遠されがちです。 立地や設備、築年数などが原因で家が売れないということも多々あります。 設備を新しいものとしたり、古い部分を修繕するなど改善できる点は改善していくことが必要になります。


管理会社に問題がある

よほど人気の地域や物件なら話は別ですが、基本的に家の売却しやすさは不動産会社によって左右されるといっても過言ではありません。 中には受け取る仲介手数料を増やすため、他の不動産会社から経由してきたお客様からの申し込みを拒否する不動産会社もあります。 条件が悪いわけでもないのになかなか家が売れない時は不動産会社を変えることで解決するかもしれません。

内覧が少ない・成約までいかない際の対処法

せっかく家を売るために広告を出しても内覧が少なかったり成約までいかない時は次のような対策を試してみてください。


そもそも内覧が少ない時の対処法

内覧が少ない場合はまず広告を見直してみましょう。 家の魅力が伝わるような写真が掲載されているか、家の魅力が伝わる内容となっているかなどを総合的に見直してみてください。 特に写真は重要で同じ日時、場所のものであっても撮り方次第で全然違うように見えます。
広告文もただ単に間取りや設備を列記するだけでなく、購買意欲を奮い立たせるような書き方になるよう工夫するべきです。 インターネットのサイトへの掲載と新聞などアナログ媒体への掲載を併用するのも効果的です。 現代はインターネットの時代とはいえ、まだまだアナログ媒体の宣伝力も根強く残っています。 地域や狙いたいターゲット層に応じて使い分けたり、併用することで効率よく内覧を増やすことができます。
また、相場よりも高い金額設定になっている時は少し価格を下げるだけで一気に内覧希望者が増加する場合もあります。


内覧者は来るが成約まで至らない時の対処法

内覧の申し込みがあるということは内覧希望者にとってそれなりに魅力的な家として映っているという証拠です。 しかし、そこから成約にまで至らないということは、内覧時の心証がよくない、あるいは他の物件との競合に負けてしまっている非常に惜しい状況です。 ここまでくればあとは少しの気遣い的な工夫で成約を勝ち取ることができます。

内覧でより家が魅力的に感じられるよう掃除を徹底的に行ってみたり、部屋が広く見えるよう置くものを減らすなど工夫してみてください。 特ににおいには注意が必要で、持ち主は気づかないが内覧する人は気づくというにおいもあります。 売りたい家にまだ荷物や家具などが残っているのであれば前所有者の生活感を消すために置いてあるものをレンタルスペースに避難させるというのも効果的です。

内覧当日はスーパーや病院など住環境とともに家の設備面の魅力を伝えられるようまとめておいたり、あえてセールス色の強いトークを避けてみるといったテクニックを使うのも成約に繋がるポイントです。

家が売れない時のNG行動

が売れないからといって焦って行動してはいけません。 対応を誤るとそれがまた原因となりまた家が売れないという悪循環に陥ってしまうことがあるからです。
 

売却のために空き家とする

人が住んでいない家は傷みが早く、管理も面倒です。 空き家になることで管理がおろそかになって家が傷み、それが原因でまた売れなくなっていくという負のスパイラルから抜けられなくなります。 それだけでなく、今住んでいる家を売却のためだけに仮住まいに引っ越すとなると、家賃や引っ越し代といった余計な手間と費用が発生します。 実際、空き家のほうが売却しやすいというのもまた事実なのですが、空き家として売却するのであれば、手間や費用といったリスクを正しく理解しておくべきです。

安易なリフォーム

リフォームを実施すると家がきれいになって魅力的に見える反面高額な費用が発生します。 だからといってリフォーム代金を全額上乗せすると価格が高くなりすぎて敬遠されてしまう可能性があります。 実施したいリフォームの内容も人によって異なるため、売主の考えるリフォームが必ずしも買い手の希望する内容だとは限りません。
 

家を解体してしまう

家が売れないならいっそ解体してしまおうという気持ちも理解できなくはないのですが、家を解体すると土地の固定資産税が増えてしまいますし、解体にも費用がかかります。 よほど築年数が経過していたり更地としての需要が高い場合は別として、解体はあくまで最終手段として留めておくようにしてください。

不動産会社を変更するタイミング

家が売れないからと不動産会社をコロコロ変えてもすぐに売れるようになるとは限りません。 不動産会社はタイミングを計って変更することが大切です。


不動産会社を変更するタイミング

不動産会社を変更するタイミングはズバリ今利用している不動産会社を信用できなくなった時です。 こちらの要望、意図を正しく読み取ってくれなかったり、動きが遅い、誠実さが感じられず合わないと感じた時が変更に適したタイミングといえます。


不動産会社を変更する際の注意点

不動産会社を変更する場合は契約内容に注意してください。 専任媒介契約・専属専任媒介契約になっている場合は契約期間が満了してから不動産会社を変えることになります。 そうでなく、一般媒介契約であればいつでも他の不動産会社に依頼することができます。 しかし、契約内容によっては他の不動産会社に依頼したことを通知しなければならないこともあるため注意が必要です。


良い不動産会社の探し方

評判の良い不動産会社が自身にとって最高の不動産会社とも限りません。 どんな不動産会社であっても得意分野があります。 売りたい家も地域や設備によって特徴が大きく異なるためそれに合わせて不動産会社も選ぶ必要があります。 また、複数の不動産会社さんに相談を持ちかけて対応を比較して不動産会社を選んでいくことも大切です。

家が売れない時は焦らず原因追及と対策を

家が売れないからとやみくもにあれこれしても上手くいかず、場合によっては状況を悪化させてしまうだけということもあります。 家が売れないと困った時は原因を特定し、よく考えて対策していく必要があるでしょう。 思うように家が売れず困っているのであれば本記事を参考に対策をしてみてください。

新着コラム

手付金とは?手付金の相場と支払時期を解説

手付金という言葉を聞いたことはありますか?不動産の売買において手付金は重要な役割…

マンション売却でよくある失敗とは?後悔しないために注意すべきこと

マンションは非常に価値のある資産です。マンション売却をする際もかなりの額のお金が…

解体費用ってどれくらい?家の解体にかかる費用や解体の流れなどを詳しく解説!

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少な…

専属専任媒介とは?一般媒介との違いやメリット・デメリットは?

不動産の売買や賃貸を不動産会社に仲介してもらう際には、不動産会社と媒介(仲介)の…

専任媒介とは?不動産売買前に知っておきたい契約3つ!

不動産を売却する際、多くの方は不動産会社と契約して売却作業を進めることになります…

不動産売買契約書とは?記載内容やポイントを理解しよう!

不動産売買は非常に高額な取引になるため、必ずといっていいほど不動産売買契約書を取…

用途地域とは?概要や種類をわかりやすく解説!

建物の建築にはいくつか規制が存在するため、どこにでも好きな建物を建てられるわけで…

地積測量図とは?測量するメリットや見方について教えます!

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書…

任意売却とは?任意売却の気になる流れや残債がある場合の対処方法を解説!

一般的にはあまり知られていませんが、「任意売却」という不動産の売却方法があります…

瑕疵担保責任とは?民法改正で契約不適合責任に変更!

2020年4月に120年ぶりともいえる大規模な民法改正がありました。これまで小さ…

思うように家が売れなくともあきらめる必要はありません。 家が売れないのには必ず理由があり、同時にそれを解決するための対処法も存在しています。 本記事では家が売れない時に行うべき行動と行ってはいけない行動についてその理由とともに解説していきます。