ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

地積測量図とは?測量するメリットや見方について教えます!

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書類でもなく、これまで一度も目にしたことがないという方も少なくないでしょう。そこで、今回は地積測量図について解説していきます。

地積測量図って?土地売却時に欠かせない測量資料は3つ!

土地の売却にあたって売主は面積や境界線などについて正確に把握しておく必要があります。その際に便利となるのが地積測量図をはじめとする各種の測量資料です。土地の売却に欠かせない測量資料には次の3種類があります。

1.地積測量図とは?

地積測量図とは、1筆の土地ごとに作成される図面でその土地の登記簿とともに法務局にて保管されています。

ただ、登記簿の整備が進んでいない時代に登記された土地については地積測量図が備え付けられていないこともあります。 地積測量図に記載される内容は土地の面積、隣地との位置関係や境界線などです。地積測量図が存在することで土地の面積や隣地との境界線を正確に把握することができ、売却価格の算定に役立ちます。

2.確定測量図とは?

確定測量図とは、土地の所有者と隣地の所有者の両者立会いのもと土地の境界線を確定させて作成する書類です。確定測量図も地積測量図のように土地の境界が明確に記載されます。

しかし、地積測量図は法務局で保管入手が可能な公的書類であるのに対し、確定測量図は土地の所有者が作成する私文書です。確定測量図は土地の売買に使用することもできる点では地積測量図と同様ですが、確定測量図は法務局に保管されておらず土地の所有者が保管する書類です。万が一確定測量図を紛失してしまった場合は新たに作成しなおす必要があります。

3.現況測量図とは?

現況測量図とは、大まかに作成した確定測量図のようなものです。塀などを境界として大まかに作成されます。確定測量図のような隣地所有者の立ち合いも不要となります。

地積測量図の見方

地積測量図は一枚の紙に多くの情報が書かれています。それらは大別すると合計10の項目に分けられます。わかりやすくするために、それらを項目ごとに下記の表にまとめました。 地積測量図は法務局のホームページにサンプルが配布されています。お手元に地積測量図をご用意して確認していただくとよいでしょう。
地積測量図記載項目


地積測量図を確認するときのポイント

地積測量図を確認するときのポイントとしては、作成された年代に注意することです。特に50年以上前の測量制度が低い時代に作成されたものは実測したデータと誤差が発生する可能性が高いです。また、座標値の記載義務の有無などルールも時代によって変わってきています。

作成日をチェックし、どのようなルールに則って作成されたのか確認するようにしてください。 また、地積測量図にはたくさんの情報が記載されているとはいえある程度まとまっていて見やすくなっています。慌てず欲しい情報がどこに記載されているか、項目ごとに落ち着いて確認していくことが大切です。

地積測量図のメリットって?

地積測量図に記載されている内容や見方が理解できたところで、地積測量図によってもたらされるメリットについて解説していきます。
 

地積測量図のメリット

地積測量図にはさまざまなメリットがありますが、その中でも特に大きなものとして土地の価格の根拠が明確になるという点です。

売主の提示した価格がどういった根拠に基づき算出されたのか明確になれば、買主も納得して土地を購入することができます。また、価格の算出根拠が明確になることで価格交渉が長引くことを防ぎ売買が円滑に進みます。 また、地積測量図があれば、隣地との境界がはっきりし、かつ、実測面積に即した売買が可能であり、後のトラブル防止や買主の購入意欲を後押しすることにもつながります。

さらに、土地の境界や面積がはっきりするため相続においても地積測量図の存在が役立つことがあります。特に1筆の土地を複数の相続人で分筆して相続する場合には地積測量図が大いに役立ちます。

地積測量図の取得はどこに行けばいいの?作成したい時はどうすればいい?

地積測量図は住民票などのように、市区町村役場に行っても取得することができません。地積測量図は法務局にて取得することになります。
 

地積測量図の取得は法務局で行えます

先に述べた通り、地積測量図は法務局にて取得することができます。市区町村役場や税務署などでは取得することができません。法務局であればどこでもよく、土地の所在地を管轄する法務局である必要はないため、自身にとって行きやすい法務局で取得することが可能です。

法務局に行くと、窓口に申請書が備え付けられています。そちらに必要事項を記載し、手数料として450円分の収入印紙とともに申請することで即日取得することができます。窓口に証明書発行請求機が設置されている場合はそちらを利用して申請書を作成することができます。

なお、現在では法務局の窓口以外にも郵送やインターネットを利用して、地積測量図の請求から受け取りまでを自宅ですることもできます。特にインターネットで請求して窓口で受け取る方法は手数料が430円とお得になり、かつ、窓口での待ち時間も最小限に抑えることができます。
 

地積測量図は作成できるの?

地積測量図が存在しない土地は土地家屋調査士に依頼して地積測量図を作成することもできます。地積測量図が存在しないことが判明しても慌てず作成する準備に取り掛かりましょう。なお、地積測量図は土地家屋調査士に依頼することで手間なく作成することができます。

地積測量図は土地の売買に欠かせない資料です

地積測量図は土地の面積などが正確に記載してあり、土地の現況や価格について買主が納得しやすくなり、売買が円滑に進みます。 地積測量図は全国の法務局にて取得することができます。 土地の売買を行うのであれば地積測量図についても充分理解しておき、有効に活用するようにしましょう。
 
任意売却をお考えの方はポラスへ

新着コラム

更地とは?活用方法教えます!

売買や相続によって土地を取得したものの使い道が見つからず放置してはいませんか?実…

マンションの登記事項証明書の見方と取得方法を紹介

マンションの売買や名義の変更で必要な書類の一つが「登記事項証明書」です。名義が変…

手付金とは?手付金の相場と支払時期を解説

手付金という言葉を聞いたことはありますか?不動産の売買において手付金は重要な役割…

マンション売却でよくある失敗とは?後悔しないために注意すべきこと

マンションは非常に価値のある資産です。マンション売却をする際もかなりの額のお金が…

解体費用ってどれくらい?家の解体にかかる費用や解体の流れなどを詳しく解説!

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少な…

専属専任媒介とは?一般媒介との違いやメリット・デメリットは?

不動産の売買や賃貸を不動産会社に仲介してもらう際には、不動産会社と媒介(仲介)の…

専任媒介とは?不動産売買前に知っておきたい契約3つ!

不動産を売却する際、多くの方は不動産会社と契約して売却作業を進めることになります…

不動産売買契約書とは?記載内容やポイントを理解しよう!

不動産売買は非常に高額な取引になるため、必ずといっていいほど不動産売買契約書を取…

用途地域とは?概要や種類をわかりやすく解説!

建物の建築にはいくつか規制が存在するため、どこにでも好きな建物を建てられるわけで…

地積測量図とは?測量するメリットや見方について教えます!

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書…

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書類でもなく、これまで一度も目にしたことがないという方も少なくないでしょう。そこで、今回は地積測量図について解説していきます。