理由別でわかりやすい不動産売却講座

 不動産の売却においては、子供が成長して手狭になったり、老後をゆっくり暮らすための住み替えだったり、ご両親と同居のため、離婚、相続、転勤など、さまざまな理由があります。その理由別に不動産売却のポイントや注意点などをまとめました。不動産売却のご参考になればと思います。
 
 
 

 

 


転勤に伴う不動産売却は、時間がない中での売却になることが多いので、計画的に進めることをお勧めいたします。

 



相続に伴う不動産売却は、相続税の支払い期限が決まっているので、前もって準備をしておくことをお勧めいたします。
 

 


 


離婚に伴う不動産売却は、その不動産に住み続けるのか、住宅ローンの支払いはどうするのか、など気を付ける点があります。あなたにとってどのパターンが最適か、プロに相談してみましょう。

 


自宅の手狭感はお子様の成長の喜びと表裏一体といえるでしょう。賃貸であれば、よりひろい広い賃貸や持ち家に、マンションからは一戸建てへ、一戸建てからは増築リフォームなどで解消できることも。

 


一生の買い物と呼ばれる住まいの購入。さまざまな要因によって住宅ローンの支払いが難しくなることもあります。その時あなたはどうする?