4.媒介契約の締結

信頼できる不動産会社に販売を依頼しましょう

  • 戻る戻る
  • 進む進む

複数の不動産会社に頼んだほうがいいの?

媒介契約とは、仲介を担当する不動産会社との間で、ご自宅の売却を依頼する契約です。
査定価格や販売活動についての説明等を受けて、納得のいく不動産会社と媒介契約を結びましょう。
媒介契約には、下記のように「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」の3種類があります。どの契約にもメリット・デメリットがありますし、競合物件の有無や対象不動産の所在の特性などにより異なります。ただし、一般媒介契約を選び、多数の不動産会社と契約を締結すると、対象不動産の情報があちらこちらに出回り、希少性が低くなる可能性があります。さらに、複数の不動産会社が同様の一般媒介契約を求めてくる煩わしさもあるようです。
一方、専属専任媒介・専任媒介には、不動産会社による活動状況の報告義務が生じるため、安心・安全な売却を目指すなら窓口を一体化した方がメリットは大きくなります。

はじめは高い値段から販売を開始してもいいの?

購入希望のお客様、中でも購入意欲の高いお客様ほど、物件情報(売主様にとっては競合物 件)に敏感で、しかもインターネット等での情報収集が容易になったため、相場観をしっかりお持ちの場合が多いようです。
市場相場と比較してあまりにもかけ離れた高い価格設定をしてしまうと、購入希望のお客様からの問合せがなくなってしまいます。相場に近い金額で売りに出すことによって見学者を増やすことが、結果として高い金額でのご売却につながります。 
「少しでも高く売りたい」というお気持ちは当然のことですが、高い価格設定から順次価格を下げていく方法は、価格設定を間違えると「相場の後追い」態に陥り大変危険です。結果として販売期間が長期化することにより、「まだ売れ残っている。きっと交渉すれば、もっと値段が下がるはず」と誤解を生じさせます。情報の価値はその鮮度にあります。当初の価格設定を適正価格の範囲内で市場に登録することが、早期売却の成功の秘訣です。

気になるご自宅は今いくら? 査定はこちらから!

簡易査定

お客様からいただいた物件情報と周辺の売出事例に基づいた簡易査定となります。おおよその相場感が分かります。

すぐに知りたい簡易査定

訪問査定

より具体的な査定と、詳しいお話ができます。お気軽にどうぞ!

詳しく知りたい訪問査定

近くの店舗でご相談

売却には様々な状況がありますので、お客様にとってベストなご提案をいたします。

ゆっくり相談店舗検索