7.売買契約の締結

売買契約が締結されるまでは、油断大敵。

  • 戻る戻る
  • 進む進む

売買契約のときに必要なものは?

不動産の売買では、契約の前に「重要事項の説明」があります。これは不動産会社は必ず重要事項の説明を当事者に対して行なうよう法律で義務付けられています。またこの説明を行なうのは宅地建物取引主任者の資格を持った不動産のエキスパートに限られています。
この説明を行なうことにより売主様と買主様が物件と取引の内容を確認し、間違いのない契約を交わすことができます。

【売買契約の際に必要なモノ】
・権利証書(または登記識別情報)
・印鑑(極力ご実印でお願いします)
・固定資産税等納付書
・仲介手数料(買主様からの手付金を充当する場合もございます)
・収入印紙(金額は担当者にお尋ねください)
・運転免許証などの身分証明書

「物件状況等報告書」で買主様とのトラブルを防ぐ。

不動産の売買契約を交わす上で契約書や重要事項説明書の他に「物件状況等報告書」は、非常に重要な意味をもっております。売却のご依頼の際に記入いただいており、これに基づき不具合等買主様の購入判断にマイナスになる事項は事前にご説明します。
しかし再度売買契約の際に、売主様が知っている物件の状況等がどのような状態であるか、買主様に引き渡す設備がどのような状態であるか、またはどのような状態で引き渡すかを、売主様ご本人が記入し買主様にご説明いただき、双方合意の上で書面に残します。万一書面と異なる内容があったり、言い忘れたものがあると、告知義務違反となり、損害賠償の対象となる可能性もありますので、売主様の知っている物件の瑕疵(欠陥や不具合のことです)、設備の故障・不具合、処分するもの・残しておくもの等々できる限り正確にご記入ください。

気になるご自宅は今いくら? 査定はこちらから!

簡易査定

お客様からいただいた物件情報と周辺の売出事例に基づいた簡易査定となります。おおよその相場感が分かります。

すぐに知りたい簡易査定

訪問査定

より具体的な査定と、詳しいお話ができます。お気軽にどうぞ!

詳しく知りたい訪問査定

近くの店舗でご相談

売却には様々な状況がありますので、お客様にとってベストなご提案をいたします。

ゆっくり相談店舗検索