ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

空き家の固定資産税はいくら?減税される場合もある?

使わない家は空き家として放置しても大丈夫だと思っていませんか?
仮に誰も利用していない空き家だったとしても税金や管理責任が発生します。
今回は固定資産税をはじめとする空き家の税金や責任について解説していきます。
 

空き家の定義

一口に空き家と言っても、空き家には通常の空き家と特定空き家があります。まずはその両者の違いについてみていきましょう。
 

空き家とは?

空き家とは住居として利用されていない家のことを指します。概ね1年以上誰も居住していない、利用されていない家は空き家と呼んで差し支えないでしょう。
人が住んでいない、利用されていない空き家と判断されるには、水道などインフラの使用状況や人の出入りの有無、物件の現況、登記の記録など家を取り巻く環境などから総合的に判断されます。
 

特定空き家とは?

特定空き家とは、空き家のうち倒壊の恐れがあるなど危険性の高いもの、精神上あるいは景観において有害であるなど、放置することが特に適切でない状態にある空き家を指します。
例えば、長年人が住んでおらず崩壊寸前で周囲に被害を及ぼす恐れのある家屋などがこれに当たります。

空き家にかかる税金

誰も利用していない空き家であっても税金は発生します。空き家に発生する税金には以下のようなものがあります。
 

(1)固定資産税

固定資産税とは、毎年1月1日時点で土地や建物、償却資産を所有している場合に課される税金です。空き家にかかる固定資産税は下記のように計算されます。
 


  固定資産税=課税台帳に登録されている価格×税率1.4%
 


課税台帳に登録されている価格は、対象となる空き家の所在地を管轄する都税事務所や市区町村役場にて確認することができます。
 

(2)都市計画税

都市計画税とは、1月1日時点で都市計画区域のうち市街化区域に土地や建物を所有している場合に課される税金です。
都市計画税は下記のように計算します。
 


  都市計画税=課税台帳に登録されている価格×税率0.3%(市町村によって異なる)
 

なお、特定空き家ではない空き家の場合、一定の軽減税率を受けられることがあります。
 

(3)相続税

空き家を相続した場合、その空き家には相続税がかかります。
相続税は空き家以外の財産も含めて次のように計算します。
 


  相続税=課税遺産総額×自身の相続分×相続分に応じた税率-控除額
 


なお、空き家についても一定の場合において相続税が軽減されることがあります。
 

(4)所得税

空き家を売却した場合、その売却金額に所得税が課されます。
空き家を売却した場合の所得税は次のように計算されます。
 


  収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額=課税譲渡所得金額
 

特定空き家に指定されるまでの流れとリスク

ここでは、空き家が特定空き家に指定されるまでの流れをご紹介します。また、指定された場合に考えられる、いくつかのリスクも見ていきましょう。
 

特定空き家指定までの流れ

特定空き家は2015年5月26日に施行された空家等対策特別措置法に、その規定が定められています。以下が特定空き家に指定されるまでの大まかな流れです。
1.行政に空き家の苦情や相談が入る
2.該当する空き家の状態把握
3.空き家の所有者に管理状況の問い合わせ
4.空き家の所有者に建物の除却、修繕、立木竹の伐採など、助言・指導
5.空き家の現地調査・立入調査
6.特定空き家指定の最終的な判断・認定
行政から受けた助言・指導ののち、それでも空き家の状態が改善されないと認められた場合、該当する空き家の所有者などに対し、相当の猶予期限を設け、必要な措置をとるように勧告がおこなわれます。空き家の規模や措置の内容によっても異なるため、相当の猶予期限に具体的な期間はありません。一般的には、空き家を整理するための期間や工事の施工に要する期間などを合計したものが基準となるようです。
 

特定空き家は固定資産税の負担が増大

空き家のずさんな管理に対し、行政から受けた助言や指導、勧告にも従わなければ、該当する空き家が建つ土地の固定資産税に適用された住宅用地の特例が解除されます。固定資産税は、土地や建物といった不動産の所有者に課せられる地方税であり、課税評価額に1.4%をかけた金額が基本です。
所有する土地の上に住宅が建っている場合、住宅用地の特例が適用され、土地に対する固定資産税の課税標準が1/3~1/6に減額されます。しかし、この特例が解除されてしまえば、固定資産税が3倍~6倍までに跳ね上がり、その負担が増大してしまうのです。
また、地域によって課税されている都市計画税の特例も解除されてしまいます。これらの改善措置命令もすべて無視した場合、最終的にとられる手段が行政代執行です。これは、行政による強制的な改善措置を指すものであり、所有者の代わりに行政が空き家の改善・解体をおこないます。代執行にかかった費用は、所有者に請求されるうえ、残った土地や所有者の給与所得などを差し押さえられる可能性もあるでしょう。

空き家を所持するデメリット

基本的に空き家のまま家を所有することには多くのデメリットがつきまといます。
具体的には下記のようなデメリットがあります。
 

固定資産税が高くなる

空き家が特定空き家であると判断されてしまうと、空き家の立っている土地について固定資産税の計算における軽減の特例が適用されなくなってしまいます。それにより、土地部分の固定資産税が大幅に高くなってしまいます。
 

建物の劣化

空き家のように人の出入りのない建物は換気の頻度が低くなり劣化が早くなります。環境次第では、数年の放置であたかも10年以上もの時間が経ったかのように劣化してしまうこともあります。
 

防犯

家屋が空き家のまま放置されているとその空き家が犯罪に利用される恐れがあります。仮に空き家自体が直接的に犯罪に利用されなくとも、ゴミが不法投棄されるなど地域の治安を悪化させる原因にもなります。
 

景観悪化

放置されてボロボロな空き家が存在していると周囲の景観が大きく損なわれます。それにより周辺住民から苦情が来たり、自治体から注意を受けたりすることもあります。

空き家が原因で損害賠償を請求される場合も

劣化した空き家が原因となって他人にけがをさせてしまったり、財産に損害を与えてしまったりした場合はそれによって生じた損害を賠償しなければなりません。 例えば、空き家が倒壊して通行人にけがをさせてしまった場合や、空き家からの飛来物で隣家の車を傷つけてしまった場合などがその代表例です。

固定資産税が減税される場合

空き家には土地の部分について住宅用地の特例という軽減制度があります。具体的には、敷地面積20平方メートルまでの部分については土地の評価額を6分の1として、20平方メートルを超える部分については3分の1として固定資産税を計算します。
しかし、その空き家が特定空き家に指定されてしまうと上記の特例は適用されなくなることに注意が必要です。

固定資産税を滞納した場合

固定資産税は税金です。固定資産税を滞納すると下記のような段階で手続きが進められます。最終的には財産を差し押さえられて強制的に徴収されることになります。
 

●延滞金が発生する

固定資産税の支払いが遅れるとそれに応じた延滞金が発生します。延滞金は空き家の広さにもよりますが、年間で数万円から数十万円程度となることが想定されます。
 

●督促状が届く

固定資産税の納付期限から20日を過ぎても固定資産税が納付されない場合、空き家を管轄する市区町村から督促状が届くようになります。
それでも支払いがない場合は内容証明郵便にて催告書が届きます。
 

●財産調査が行われる

催告書が送られても納付がなかった場合は財産調査が行われます。財産調査によって固定資産税を払うだけの財産があるのかどうか、隅々までチェックが入ります。
 

●差し押さえられる

財産調査が終了した段階においてもなお固定資産税の支払いがない場合、いよいよ給与や預金といったお金はもちろん、家や貴金属などお金以外でも換金できる財産はすべて差し押さえられます。
その後、それらは競売によって換金されて固定資産税の支払いに充てられます。

空き家の対処方法

これまで説明したように、家を空き家のまま放置するのは大変危険です。空き家を有効活用するための方法を3つ紹介します。
 

(1)賃貸として貸す

空き家を綺麗にして貸し出すことで、家の劣化を抑えつつ収益を得ることができるようになります。
 

(2)売却する

売却してしまえば空き家の所有者としての責任を負わず、かつ、税金の支払いもなくなります。空き家を貸しに出したり、有効活用したいが手続きや管理責任が面倒、と感じた場合は売却がおすすめです。
 

(3)更地にして土地活用をする

空き家を更地にして土地を貸し出す、駐車場にするといった土地活用もおすすめです。
更地にしてしまえば空き家を管理する必要もなくなり、かつ、土地から収益も得られるということで近年多くの方が土地活用を選択されています。
 

空き家の対策の成功事例

大きなリスクが生じる特定空き家に指定されないためにも、所有する空き家をしっかりと管理する必要があります。しかし、実際にどのような空き家対策を講じればよいのでしょうか?売却と賃貸をキーワードに、具体的な対策の成功事例をご紹介します。

事例1:不動産会社に売却を依頼する

 
空き家を使用するつもりがない場合、不動産会社を仲介に売却すれば、効率的な空き家対策をおこなうことができます。田中さん(仮名)が所有する築50年を超える空き家は、外壁や屋根瓦の損傷が激しいため、周囲から家屋の倒壊を心配されるほど老朽化が進んでいました。もう住む予定がないことから、思い切って空き家の売却を決意した田中さん。家屋の状態はよくないものの、空き家のある場所が最寄り駅から徒歩5分の好立地であることが幸いし、不動産会社から提示された金額が想像を超える高額査定だったそうです。
また、井上さん(仮名)が売却した空き家は、家屋の築年数や状態を考えると一般的な相場よりも低い査定額になってしまいましたが、固定資産税の支払いや維持管理の費用や手間などから開放されたことを喜んでいました。不動産を売却すれば、譲渡資産税を課税されますが、それも「空き家の3000万円特別控除」などの特例を利用することにより、上手な資産管理につなげることができるでしょう。
 

事例2:空き家を古民家として賃貸物件に

使用していない空き家を賃貸物件として活用する方法もあります。山本さん(仮名)が相続した築40年の空き家は、幸いにも外壁や屋根瓦に大きな問題はないものの、内装や設備機器などが劣化を起こしている状態です。

そこで、昨今の古民家ブームを意識したうえで、空き家をリフォームし、賃貸物件にすることを考えます。外観の雰囲気を損なわず、問題点である内装や設備を改装したところ、ギャラリーとしても使える古民家を探していた夫婦と無事に賃貸契約を結ぶことができました。また、佐藤さん(仮名)も管理に悩んでいた郊外に所有する農地付きの空き家を、最小限の設備投資でリフォームし、農業を楽しみたいというご家族に貸し出したそうです。どちらも設備投資にかかった費用や固定資産税の支払いなどを賃料からまかなえる収益物件として、大いに空き家を資産活用しています。

固定資産税は空き家にも発生する

固定資産税をはじめ、各種の税金は空き家に対しても発生します。
空き家は管理責任について問題になることが多く、特定空き家に指定されてしまうと税金の負担も重くなります。
近年では空き家が原因となる事件や事故、治安の悪化が深刻になっており国や自治体も空き家に対して厳しい目を向けています。
空き家を所有している場合は、放置することなく何らかの手段を講じるようにしてください。

 
ポラスの仲介に相談しよう

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

新着コラム

住宅の査定の流れや必要な書類・費用相場は?見られているポイントや注意点も解説

家を手放そうと決めたときには、「その家を売る前に確認すべきこと」「査定の流れとそ…

譲渡所得の特別控除とは?適用に関する注意点や控除の内容について解説

譲渡所得は課税対象なのですが、控除が適用されることによって税金が安くなったり、納…

空き家の固定資産税はいくら?減税される場合もある?

使わない家は空き家として放置しても大丈夫だと思っていませんか? 仮に誰も利用し…

川口市の不動産売却相場は?売り時や地域情報について

交通の利便性や住環境の良さから、緩やかに人口の増加が続いている埼玉県川口市。住宅…

さいたま市大宮区の不動産を売却するには?売却相場や不動産会社の選び方について

さいたま市大宮区の不動産の売却相場はどれくらい?さいたま市大宮区の土地やマンショ…

不動産売却にかかる税金とは?種類や節税方法をご紹介

不動産を売却する際には、入ってくるお金もあれば、出て行くお金もあります。出て行く…

さいたま市浦和区の不動産を売却するには?売却相場や不動産会社の選び方について

さいたま市浦和区にある戸建てやマンションなどの不動産について売却を考えている方に…

マンションが売れない場合に考えられる原因と対策について

マンションの売却をはじめたけれど、なかなか売れない…とお悩みの方に…

持ち家がいらない理由とは?不要な家を処分するメリットや処分方法について

持ち家はいらないといわれることも珍しくはない時代となりました。一体なぜ持ち家がい…

築40年でも売れる!築古マンションの需要と売却のポイントについて

日本では、1970年住宅金融公庫の融資制度がスタートしたことによって、全国で分譲…