ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

マンション購入に必要な年収はいくら?予算の計算方法や購入価格の相場について

マンションをローンで購入する際、どのくらいの金額であれば無理なく返済ができるのでしょうか。人生において大きな買い物となるマンション購入では、見極めるべきポイントを押さえておくことが大切です。今回はマンション購入の目安になる年収や購入予算の計算方法、購入価格の相場について紹介していきます。

購入できるマンションの価格目安は年収の何倍?

マンション購入に際して参考になるデータの一つが年収倍率です。住宅の購入価格が購入者の年収の何倍になっているかを表す数値で、「住宅の購入価格(所要資金)÷世帯年収」という計算式で成り立ちます。
一般的に年収倍率は住宅購入価格の5倍以内といわれていましたが、近年ではマイナス金利の影響から超低金利の時代となっているため、年収倍率は年収の5~7倍程度というのが実情となっています。

マンション購入予算の計算方法

マンションを購入する際の予算の立て方について、具体的にどのように計算すればよいのでしょうか。間違った予算設定をしてしまった結果、後悔をしてしまわないためにも、適切な予算の計算方法を押さえておきましょう。


マンション購入予算の計算式

マンション購入の予算を考えるには「頭金+借入可能額=マンション購入額」という計算式を押さえておきましょう。 マンションの購入額を考えるうえで、年収は一つの目安にはなりますが、年収だけを指標にしてしまうと、住宅費の割合が大きくなったり、収入が下がってしまうリスクがあるため、さまざまな条件を考慮する必要があります。


頭金とは

頭金とは、住宅価格からその代金の一部を先払いして、差し引いた金額のことをさします。頭金を支払った分だけ、住宅ローンの借入額は少なくなるため、毎月の負担は少なく済みます。 しかし、貯蓄しているお金の大半を頭金に使ってしまうと、その後の大きな出費などに対応できなくなってしまうリスクがあります。その後の生活も考えて、無理のない金額を支払うことが大切です。


借入可能額とは

借入可能額とは、金融機関から借り入れできる金額のことです。住宅ローンを借りる際は金融機関から審査を受け、その結果を基に借入可能額が確定します。 年収に対し、この借入可能額が占める割合を返済負担率といいます。一般的には、返済負担率が25%を超えると、返済不能になる危険性が高くなるといわれています。

【年収別】マンション価格とローン支払い額について

年収ごとに目安となる購入価格と月々のローン支払額をまとめてみました。 マンション購入額は「頭金+借入額」で計算し、頭金はマンション購入金額の1割程度、借入額は年収の20%の設定です。ローンの月々支払額は、全期間固定金利1.5%の35年ローンとして算出しています。 また、マンションの場合、毎月管理費や修繕積立金を支払う必要があるため、今回は管理費と修繕積立金の合計を3万円/月として算出しています。

年収300万円

マンション購入価格:約1,814万4,000円
ローン月々支払額:約5万円
管理費/修繕積立金合算:約8万円
 

年収400万円

マンション購入価格:約2,395万5,000円
ローン月々支払額:約6万6,000円
管理費/修繕積立金合算:約9万6,000円
 

年収500万円

マンション購入価格:約3,012万2,000円
ローン月々支払額:約8万3,000円
管理費/修繕積立金合算:約11万3,000円
 

年収600万円

マンション購入価格:約3,628万8,000円
ローン月々支払額:約10万円
管理費/修繕積立金合算:約13万円
 

年収700万円

マンション購入価格:約4,120万円
ローン月々支払額:約11万6,000円
管理費/修繕積立金合算:約14万6,000円
 

年収800万円

マンション購入価格:約4,826万6,000円
ローン月々支払額:約13万3,000円
管理費/修繕積立金合算:約16万3,000円
 

年収900万円

マンション購入価格:約5,443万3,000円
ローン月々支払額:約15万円
管理費/修繕積立金合算:約18万円
 

年収1,000万円

マンション購入価格:約6,024万4,000円
ローン月々支払額:約16万6,000円
管理費/修繕積立金合算:約19万6,000円

マンションを購入するタイミング

マンション購入は、人生における一大イベントであると思います。どのようなタイミングで購入を決断すべきか、実際にマンションを購入した人たちの平均年齢や平均年収を参考にしてみましょう。

マンション購入時の平均年齢

国土交通省が令和元年度に実施した住宅市場動向調査によると、分譲マンション購入者の平均年齢は43.3歳という結果になっています。 住宅ローンの返済期間を30~35年で設定するケースが多いため、70歳前後で完済できるよう40代前半までに購入する人が多い傾向になっています。

マンション購入時の平均年収

分譲マンションを購入する際の世帯年収の平均値は798万円で、戸建住宅や注文住宅に比べて50万円ほど高い傾向があります。 リーマンショックの影響が収まってきた2010年ごろから、マンションの価格が大きく上昇しており、それに伴い世帯年収の平均値も高い水準で推移していると言われています。

マンション購入時の注意点

非常に高額な買い物になるマンション購入。あとで後悔しないために、気をつけておくべきポイントを押さえておきましょう。

家族構成に合わせる

マンションの購入は、家族の置かれている事情が変わったからといって簡単に買い替えできるわけではありません。将来的に子どもが生まれることを想定して子ども部屋を確保できる間取りをあらかじめ選んでおくなど、家族の人数や今後の状況を想定して慎重に検討する必要があります。

ライフスタイルに合わせる

マンションの購入は、長期的なライフプランに沿って慎重に選ぶことが重要です。転勤の可能性がある仕事に就いている場合や、親の介護によって転居する可能性があるなど、さまざまな状況を想定して購入を考える必要があります。 将来的に転勤などの可能性が高い場合には、不動産としての価値が高い物件を選ぶとよいでしょう。不動産としての価値が高ければ賃貸に出しても借り手が見つかりやすく、売却する際にも高く売れる可能性が高まります。

ランニングコストも考慮

マンションは購入する際に発生する費用だけでなく、固定資産税や都市計画税などの毎月発生するランニングコストが存在します。 特に修繕積立金は築年数によって金額が高くなるため、このようなランニングコストも考慮して返済可能額を計算する必要があります。

購入額や借入可能額をシミュレーションしよう

購入において必要なおおよそな予算が把握できたら、さらに具体的なシミュレーションをしてみましょう。不動産会社が運用しているローンシミュレーターなどのサービスを利用して、購入金額や借入可能額を自分に合った条件に絞り込んで試算することが可能なため、より具体的な費用を掴むことができます。

マンション購入は計画的かつ慎重に検討しよう

マンションの購入を検討する際には、年収倍率や返済負担率などを把握しておくことが大切です。無理なく返済できるよう長期的な視点を持って購入を検討してみてください。

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

新着コラム

マンション購入に必要な年収はいくら?予算の計算方法や購入価格の相場について

マンションをローンで購入する際、どのくらいの金額であれば無理なく返済ができるので…

流山のマンション売却相場は?平均売却価格や地域情報を紹介

千葉県北西部に位置する流山市。都心へのアクセスも良好なこの場所のマンション売却を…

住宅の査定の流れや必要な書類・費用相場は?見られているポイントや注意点も解説

家を手放そうと決めたときには、「その家を売る前に確認すべきこと」「査定の流れとそ…

譲渡所得の特別控除とは?適用に関する注意点や控除の内容について解説

譲渡所得は課税対象なのですが、控除が適用されることによって税金が安くなったり、納…

空き家の固定資産税はいくら?減税される場合もある?

使わない家は空き家として放置しても大丈夫だと思っていませんか? 仮に誰も利用し…

川口市の不動産売却相場は?売り時や地域情報について

交通の利便性や住環境の良さから、緩やかに人口の増加が続いている埼玉県川口市。住宅…

さいたま市大宮区の不動産を売却するには?売却相場や不動産会社の選び方について

さいたま市大宮区の不動産の売却相場はどれくらい?さいたま市大宮区の土地やマンショ…

不動産売却にかかる税金とは?種類や節税方法をご紹介

不動産を売却する際には、入ってくるお金もあれば、出て行くお金もあります。出て行く…

さいたま市浦和区の不動産を売却するには?売却相場や不動産会社の選び方について

さいたま市浦和区にある戸建てやマンションなどの不動産について売却を考えている方に…

マンションが売れない場合に考えられる原因と対策について

マンションの売却をはじめたけれど、なかなか売れない…とお悩みの方に…