ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

土地売却をする際の流れや必要な手続きは?

「土地の売却を考えているけれど、何から手を付けていいかわからない…」こんな悩みを抱えている方は意外と多いものです。土地の売却は人生で何度も経験するわけではないので、どこから始めればよいのかわからないのも無理はありません。こんな方に向けて、この記事では土地の売却の流れと必要な手続きについて紹介していきます。土地の売却を検討している方には参考になりますので、ぜひご一読ください。

土地売却でよくあるケース

まずは、土地の売却の注意点をケース別に解説していきます。それぞれ何に気を付ければよいのか確認していきましょう。
 

古家付きの土地を売却する場合

古家付きの土地を売却したい場合、問題になるのは「家を取り壊すかどうか」という点です。更地にするかどうか判断するポイントは「エリアに住宅の需要があるか」「家の状態はいいか」の2点です。 住宅の需要が低いエリアであれば、土地の用途を広げるため、更地にしてしまった方が売れやすいことがあります。一方、住宅地として人気があるエリアで、多少手直しすれば住める家であれば、土地の値段だけで売り出し「格安の土地付き一戸建て」としてしまうのも一つの方法です。 土地の需要と、家の傷み具合を整理して判断してみてください。
 

土地を更地にしてから売却する場合

ぼろぼろの空き家や、使っていない物置などがある場合は、全て撤去して更地にしてしまうこともできます。人が住めない状態の家や、小さな建物は、中古一戸建てというよりは「土地の残置物」として取り扱われることが多いからです。 更地にしてしまう前に、土地の相場を調べることをおすすめします。残置物の撤去費用と土地の価格を確認してから、更地にするか決定しましょう。
 

相続した土地を売却する場合

相続した土地を売却する場合は、売却前に名義変更が必要な点に注意します。というのも、他人の名義になっている土地を勝手に売却することはできないからです。 土地を親戚や兄弟との共有名義にする場合、売却時の必要書類が人数の分だけ増えてしまうので注意してください。
 

再建築できない土地を売却する場合

住宅地としての要件を満たしておらず、一度取り壊すと新たに建て替えることができない土地を、俗に「再建築不可物件」と呼びます。再建築できない土地は用途が限られることから、価値が低く売りにくい土地です。 再建築できない土地は、普通の土地と同じように仲介で売却しようとしても売れない場合があります。再建築不可物件の買い取りが得意な業者に売る、住宅地としての要件を満たして売却できるようにするなど、何かしら対策が必要です。

土地売却の流れ

土地についての情報を集める

まずは、売りたい土地についての情報を収集しましょう。自分で調べるだけでも、どの程度の価値があるのかある程度知ることができます。 売り出す前に最低限知っておきたいのは、エリアの土地の相場です。同じ条件の土地が過去にいくらで販売されていたかチェックします。 相場を調べる最も簡単な方法の一つは、インターネットで過去の取引履歴を確認することです。以下のサイトでは、公的機関が収集した過去の不動産取引のデータを閲覧できます。ぜひチェックしてください。
不動産取引価格情報検索|国土交通省:https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
REINS|不動産流通機構:http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do
 

売却の必要書類を準備する

土地の売り出しを始める前に、必要な書類の準備を始めます。中には取得に時間がかかる書類もあるので、早めに用意しておきましょう。 必要な書類は取引ごとに細かい違いがありますが、おおむね以下は必要になります。 
・身分証明書 
・実印
・印鑑証明書
・住民票
・登記済権利書(登記識別情報)
・固定資産税納税通知書 
・固定資産税評価証明書
・土地測量図
・境界確認書
・建築確認済証
・検査済証建築設計図書
・工事記録書等
売却の必要書類については以下の記事でも解説しています。参考にご覧ください。

不動産売却で使う必要書類は事前に用意を!
http://www.baikyaku.polusnet.com/column/column-firstsell/detail.php?n=97


土地の査定を行う

不動産業者に依頼して、土地の査定を行ってもらいます。査定により、どの程度の価格で売れそうか、事前に知ることができます。 なお、土地の査定価格は業者によって違いがあるため、複数の業者に依頼するのがおすすめです。事前に調べた相場と大幅に差がある場合は、査定価格の根拠を確認してみましょう。


土地売却の媒介契約を結ぶ

次は、不動産会社との土地売却の媒介契約の締結です。媒介を依頼することによって、不動産会社が売主に代わり土地の売り込みを行ってくれます。無事に購入希望者が現れた場合、契約条件の交渉に入ります。


買主との条件交渉をする

買主と詳細な購入条件を詰めていきます。交渉を行う条件はケースバイケースですが「残置物を撤去してから引き渡して欲しい」「端数を値引きして欲しい」「引き渡しを早めて欲しい」などの希望が代表的です。 両者で条件の擦り合わせを行い、お互いに納得できたら売買契約を締結します。


土地の引き渡しを行う

無事に契約を締結したのち、土地の引き渡しを行います。引き渡しまで終了すれば、土地の売却は完了です。

土地を高く売るためのポイント

大切な土地を売却するのですから、せっかくなら高く売りたいところ。土地の売却価格は基本的には土地の価値に準じますが、いくつかのコツを実践することで、普通に売るよりも売却価格が上がることがあります。代表的な方法を4点見てみましょう。
 

周辺地域の土地相場を調査する

売り出し前に、土地の相場をあらかじめ調べておきましょう。何も知らないまま販売すると、相場より高い売出価格を設定してしまうことや、安すぎる指値(買主からの価格指定)に応じてしまう場合があるからです。だいたいで結構ですので、どのくらいの価値の土地なのか知っておきましょう。
 

不動産会社の査定価格を比較する

不動産会社の査定は、複数の会社に依頼して査定額を比べるのがおすすめです。先述のとおり不動産会社の査定額は会社ごとに異なるからです。また、どの会社に売却の媒介を頼むかの参考にもなります。 一般的に不動産の査定は、条件から概算価格を算出する「机上査定」と、現地で不動産を見て査定する「訪問査定」の2種類です。ネットの一括査定はこの机上査定に当たります。 正確な査定額を知るには訪問査定を受けるのが一番ですが、立ち合いを求められる関係上、どうしても依頼できる会社に限りがあります。この場合、机上査定の査定額が高い数社を絞り込んで訪問査定を依頼するのがおすすめです。
 

値引きを想定して売出価格を決定する

不動産広告などに表示する売出価格は、値引き交渉を受けることを前提に設定することをおすすめします。というのも、媒介での不動産売却では、買主から値引き交渉が入るのは一般的だからです。 あまり高くしすぎると敬遠されますが、不動産会社とも相談のうえ、希望価格より少し上乗せして売出価格を設定するとよいでしょう。
 

不動産サイトの表示を意識して価格を考える

売却活動中の土地は不動産サイトでも買い手を募集するため、不動産サイトの表示も意識して価格を設定してみましょう。というのも、不動産サイトで価格によって絞り込みを行う場合、数百万円単位の価格帯でまとめられていることが多いからです。 たとえば、不動産サイトの価格帯指定が500万円単位になっていると仮定しましょう。このとき、510万円の土地だと、「500万円~1000万円」の価格帯に入ることになります。仮に買主の上限予算が500万円の場合、検索する際は「500万円未満」を指定して探す可能性が高いです。わずかな価格差ですが、こうなると510万円の土地は希望者の目にとまらないかもしれません。こういった場合、少し値引きして490万円で売り出すと問い合わせの増加が見込めます。 以上はあくまで一例ですが、サイトでどう検索されるかを意識すると、希望者の目に留まりやすくなります。

土地の売却にかかる費用

土地の売却というと「お金が入ってくる」というイメージが強いですが、実は売主が支払わなければいけない費用も存在します。どの費用がどの程度かかるのか見ていきましょう。
 

仲介手数料

仲介手数料は、物件の媒介を担当した不動産会社に対して支払う費用です。仲介手数料の上限は宅地建物取引業法で決まっており、売買価格に応じて3%から5%までとなっています。 仮に700万円の土地を売却すると、仲介手数料の上限は27万2700円(税込)です。 仲介手数料について、詳細は以下の記事でも紹介しています。参考にしてください。

物件購入時の仲介手数料って?
http://www.chuko.polusnet.com/column/detail.php?n=146


登記費用

不動産の売却では、登記手続きの費用も発生します。売却後に所有権を移転する登記は通常買主が行いますので、売主側では、住宅ローン完済時の「抵当権抹消登記」の手続きが必要です。 不動産取引での抵当権とは、ローンの支払いが滞った際に担保にしている不動産がローン会社のものになる権利のことです。ローンを完済できれば抵当権は消滅しますので、抵当権が消えたことを法務局の記録に反映させなければなりません。この手続きが抵当権抹消登記です。 抵当権抹消登記は、司法書士に依頼した場合おおむね1万円から3万円程度で代行してくれます。なお、手続きにかかる費用(登録免許税)は不動産1件に対して1,000円です。

書類の準備は早めにやっておく

不動産の売却では、多くの添付書類が必要となります。中には土壌汚染調査報告書など、検査が必要で発行までに時間がかかるものもあります。直前で準備すると間に合わない可能性もあるので、売却すると決めたときから徐々に揃えていきましょう。

新着コラム

手付金とは?手付金の相場と支払時期を解説

手付金という言葉を聞いたことはありますか?不動産の売買において手付金は重要な役割…

マンション売却でよくある失敗とは?後悔しないために注意すべきこと

マンションは非常に価値のある資産です。マンション売却をする際もかなりの額のお金が…

解体費用ってどれくらい?家の解体にかかる費用や解体の流れなどを詳しく解説!

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少な…

専属専任媒介とは?一般媒介との違いやメリット・デメリットは?

不動産の売買や賃貸を不動産会社に仲介してもらう際には、不動産会社と媒介(仲介)の…

専任媒介とは?不動産売買前に知っておきたい契約3つ!

不動産を売却する際、多くの方は不動産会社と契約して売却作業を進めることになります…

不動産売買契約書とは?記載内容やポイントを理解しよう!

不動産売買は非常に高額な取引になるため、必ずといっていいほど不動産売買契約書を取…

用途地域とは?概要や種類をわかりやすく解説!

建物の建築にはいくつか規制が存在するため、どこにでも好きな建物を建てられるわけで…

地積測量図とは?測量するメリットや見方について教えます!

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書…

任意売却とは?任意売却の気になる流れや残債がある場合の対処方法を解説!

一般的にはあまり知られていませんが、「任意売却」という不動産の売却方法があります…

瑕疵担保責任とは?民法改正で契約不適合責任に変更!

2020年4月に120年ぶりともいえる大規模な民法改正がありました。これまで小さ…

「土地の売却を考えているけれど、何から手を付けていいかわからない…」こんな悩みを抱えている方は意外と多いものです。土地の売却は人生で何度も経験するわけではないので、どこから始めればよいのかわからないのも無理はありません。こんな方に向けて、この記事では土地の売却の流れと必要な手続きについて紹介していきます。土地の売却を検討している方には参考になりますので、ぜひご一読ください。