ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

家の査定のコツは?査定の流れや注意点を解説

家を手放そうと決めたときには、「その家を売る前に確認すべきこと」「査定の流れとその方法」「できるかぎり高く買い取ってもらうための方法」を知る必要があります。 ここではこの3要点について解説していきます。

査定依頼前に必要な準備

家の査定をお願いする前に、まずは以下の点を確認してください。


準備

1.住宅ローンの残高を確認する

住宅ローンの残高確認は、もっとも重要なポイントです。住宅を売却する場合、住宅ローンを一括で返済する必要があります。そのため、「現在残っている住宅ローン」をまず把握しましょう。 住宅ローンを借り入れている金融機関に問い合わせを行い、残高証明書を出してもらうのがもっとも確実です。


2.書類を確認する

家を買うときには、数多くの書類が必要となります。この書類もすべて揃えておきましょう。土地の実測図や建物の設計図書などが手元にあるはずですから、まずこれを揃えます。 ない場合は、不動産会社にその旨を報告しましょう。


3.時期や価格の目安を決める

住宅を引き払う際には、「どれくらいの価格で売却するか」「いつくらいまでに売るか」のおおよその目安を自分で決めておかなければなりません。 特に住宅ローンを抱えている人の場合は、原則として、「住宅ローンの残金よりも高く売れること」を前提として価格の目安を決めなければなりません。

家査定の流れと家売却の流れ

上記の点をクリアしたのち、家の査定を行ってもらうことになります。査定から売却までの流れは、以下の通りです。
 

家査定のおおまかな流れ


1.不動産会社に査定を依頼する
複数の不動産会社に一括で査定を依頼します。こうすることで、比較検討ができるようになります。

2.不動産会社を選ぶ
自分と相性の良い、信頼できる不動産会社を選び、契約を結びます。
 

家売却のおおまかな流れ


3.売り出しを開始する
不動産の売り出しを開始します。売り出し方は不動産会社ごとで異なりますが、事前に「どのような売り出し方をするのか」を確認しておくと安心です。

4.見学会を行う
家は高い買い物ですから、「中を見ずに、書類だけで購入を決める人」はほとんどいません。見学客を迎え、案内をしましょう。このときにどのように振る舞うべきかは、不動産会社に問い合わせれば教えてくれるはずです。

5.売買契約の成立
「売りたい」と「買いたい」がマッチングすれば、売買契約が成立します。売り渡し時期や金額についてしっかりと煮詰め、売却者にとっても購入者にとっても良い取引となるように動きましょう。

家の査定方法

家の審査方法は、主に ・机上査定 ・訪問査定 に分けられます。 それぞれ見ていきましょう。
 

机上(きじょう)査定・簡易査定

机上査定・簡易査定は、訪問査定に先駆けて行われるものです。物件自体を見ることなく、間取り図や住所(エリアや最寄り駅までのアクセス)、建ってからどれくらい経っているのか……などの「情報」でおおよその金額を出していくものです。
現場を見ることなく査定ができるため、非常に手軽です。複数の会社に手軽に依頼ができるため、訪問査定の前段階として、この机上査定を行うのが一般的です。


訪問査定

机上査定は、あくまで「情報」からその物件の価値を判断するものです。しかし家は、「どのように使ってきたか」「どのようにメンテナンスしてきたか」によって内部の様子も大きく違ってきます。
そのため、必ず「不動産会社のスタッフが、実際に家の中を見る工程」が必要になります。この工程を経ることで、その家の「正しい価値」がわかるようになります。 机上査定である程度「依頼したい不動産会社」の目星をつけたのち、候補となった不動産会社に訪問査定を依頼すると無駄がありません。

ポラスに査定してみる>>

【一戸建て】査定箇所と高額査定のコツ

ここからは、「不動産会社がみる査定箇所」を取り上げます。まずは一戸建ての物件の査定ポイントから取り上げます。


査定箇所と高額査定のコツ


1.間取りと広さ
間取り」「広さ」はもっとも重要視される箇所のうちのひとつです。 「その家での生活しやすさ(行動動線が意識されたつくりかどうか)」がよく見られます。注文住宅の場合は、前の持ち主の個性やオリジナリティが反映された家作りであることが多いと思われますが、このような「個性的な家」はしばしば敬遠されます。 「万人にとって過ごしやすい間取りであること」の方が重要視される傾向にあります。

2.エリアと住環境
周辺環境や駅へのアクセスなども、よく見られるポイントです。一戸建てを購入する層は家族持ち(3人~4人)であることが多いため、病院や学校が近くにあるかなども重要なポイントとなります。 日当たりの良さや通気性の良さもまた、注目されるポイントです。

3.メンテナンス状況
シロアリの被害がなかったか、また対策をしていたかなども見られます。「今までにこのような対策をしていた」という書類があれば、それを提出しましょう。

4.水回りの状況
水回りをきれいに使えているかも査定ポイントです。1~3とは異なり、これは「今から」でも対応できる部分です。 キッチン周りを美しく磨き上げるとともに、故障箇所などは早めに直すことが重要です。

【マンション】査定箇所と高額査定のコツ

1.エリアと住環境
マンションの購入を希望する層は、一戸建てを希望する層に比べて「利便性」を重視します。 また、「最寄り駅までの距離」を最重要項目と位置付けている人も多いため、「いかに便利に過ごすことのできる場所か」が重要になってきます。

 

2.耐震対策などがとられているか
「耐震対策」は、一戸建てでも非常に重要な項目です。 1981年~1982年は、新しい耐震基準が適用されているかどうかの境目にあたる期間です。特に、大規模な鉄筋コンクリートのマンションの場合は旧基準で建てられていることも多く、「新基準か、旧基準か」で査定も大きく変わってきます。

3.共有部分の使いやすさや清潔さ
マンションは集合住宅であるため、お隣との距離が非常に近い状態です。そのため、「周りの人がどのような人か」を気にする人も多いといえます。 そのときの判断基準のひとつとなるのが、「共有部分」です。ここが汚れていたり使いにくい状態だったりすると、査定は下げられます。 事前に管理会社に連絡し、掃除をしてもらうなどの対策をしてください。

4.日当たりや階数
マンションは、部屋によって日当たりが異なります。また、「上の人の足音が響くのではないか」などの観点から、階数を気にする人もいます。 今から部屋を変えることはできませんから、「ベランダが広い」「防音がしっかりしているマンションなので、上の足音はあまり響かない」などのプラスポイントを打ち出すようにしましょう。

査定依頼する際の注意点

査定依頼をする場合は、以下の点に注意してください。


注意点


1.複数の会社に査定を依頼する
会社によって、査定ポイントや査定額には違いがみられます。必ず複数の会社に依頼しましょう。

2.自分でも相場を調べる
不動産の売却にあたっては、自分自身でもその地域の物件の相場などを調べておく必要があります。 これにより、相場と大きく異なる数字を出してきた不動産会社をはじくことができます。

3.部屋を美しく保つ
「物件の査定はあくまで物件の価値を見るものであって、掃除されているかどうかは関係がない」とされることもあります。 しかし、ひどい汚れや、水回りを雑に使っていることがわかるようであれば、評価は下がります。

4.フォローポイントとアピールポイントを探す
上でも述べたように「マイナス点があれば、それをフォローできるポイントを打ち出すこと」は非常に重要です。「街灯が多く安心して歩ける」などの、「住んでみなければわからないこと」は積極的にアピールしましょう。

インターネット査定サービスについて

現在はインターネットでの査定サービスも一般化しています。

査定サービス

ネットでの査定サービスは、一括で複数の会社に査定をお願いできるのがメリットです。 「企業査定」を考えている人にとっては、非常に強い味方となるでしょう。 ただ、「一括査定をお願いしたところ、あまりにも多くの会社から一気に電話がかかってきた。断ってもしつこい」などのような例も数多く報告されています。

家を売る前に、まずは査定ポイントを把握しよう

「家を高く売りたい」と考える人にとって、「どのような点が査定ポイントとなるか」「どのような流れで売却まで進むか」「その家を売る前に確認したいこと」を把握することは非常に重要です。 思い出深い家を売る前に、まずはこの点を把握しましょう。

無料査定実施中!まずはポラスで査定>>

新着コラム

更地とは?活用方法教えます!

売買や相続によって土地を取得したものの使い道が見つからず放置してはいませんか?実…

マンションの登記事項証明書の見方と取得方法を紹介

マンションの売買や名義の変更で必要な書類の一つが「登記事項証明書」です。名義が変…

手付金とは?手付金の相場と支払時期を解説

手付金という言葉を聞いたことはありますか?不動産の売買において手付金は重要な役割…

マンション売却でよくある失敗とは?後悔しないために注意すべきこと

マンションは非常に価値のある資産です。マンション売却をする際もかなりの額のお金が…

解体費用ってどれくらい?家の解体にかかる費用や解体の流れなどを詳しく解説!

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少な…

専属専任媒介とは?一般媒介との違いやメリット・デメリットは?

不動産の売買や賃貸を不動産会社に仲介してもらう際には、不動産会社と媒介(仲介)の…

専任媒介とは?不動産売買前に知っておきたい契約3つ!

不動産を売却する際、多くの方は不動産会社と契約して売却作業を進めることになります…

不動産売買契約書とは?記載内容やポイントを理解しよう!

不動産売買は非常に高額な取引になるため、必ずといっていいほど不動産売買契約書を取…

用途地域とは?概要や種類をわかりやすく解説!

建物の建築にはいくつか規制が存在するため、どこにでも好きな建物を建てられるわけで…

地積測量図とは?測量するメリットや見方について教えます!

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書…

家を手放そうと決めたときには、「その家を売る前に確認すべきこと」「査定の流れとその方法」「できるかぎり高く買い取ってもらうための方法」を知る必要があります。 ここではこの3要点について解説していきます。