ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

解体費用ってどれくらい?家の解体にかかる費用や解体の流れなどを詳しく解説!

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少なくないでしょう。気づけばそのまま数年経過ということもあります。 今回は、家の解体費用や解体の流れについて詳しく解説していきます。

こんなにかかるの!?解体費用が高くなる理由

解体費用が高くなってしまうのには理由があります。解体費用が高くなってしまう理由について説明します。
 

そもそも家の解体費用の見積もりはどうやって決まるの?

家の解体費用はまず現地調査をし、建物の構造から重機の使用の有無、隣接する土地や建物の状況や道路の状況など、建物と周囲を取り巻く環境すべてを勘案して見積もりが決まります。
 

解体費用の見積もりが思っていたよりも高い!その理由は?

解体費用が高くなる一番の理由として、立地にあります。住宅の密集している住宅街では、道が狭くトラックや重機が近くまで入り込めず手作業が多くなってしまい解体費用も高額になりがちです。 その他にも埋蔵物があったり、残土処理の必要が出てくるような場合は解体費用が高くなる傾向にあります。


解体費用を安くする方法は?

解体費用を安くしたいのであれば、必ず複数の業者から相見積もりをとって価格交渉することがポイントになります。そのうえで、不要品の処分や役所への申請など自分で実施できる内容については業者と相談して実施項目から外してもらうことで費用を抑えることができます。

家の解体費用には補助金やローンを使う方法も!

家の解体費用を捻出することが難しい場合は補助金やローンを利用することで、少ない負担で家を解体することができます。 h3>古い家の解体は助成制度の対象に! 自治体によっては家の解体に助成制度を設けていることがあります。たとえば、東京都足立区では最大100万円を限度に解体費用を助成する制度が実施されています。

▼東京都足立区HP
https://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/sokushin-taishin.html

解体費用の助成制度は自治体によって内容が大きく異なります。詳細についてはお住まいの自治体に問い合わせたり、ホームページ上にて確認するようにしてください。

解体する前に知っておきたい一軒家の解体のデメリットって・・?

一軒家の解体にはメリットだけでなくデメリットもあります。>>メリットも見る!


税金が高くなる!

一般的に同じ条件であれば、更地と宅地(建物が建っている土地)とでは、更地の方が固定資産税や都市計画税が高くなります。 利用用途が決まっていない段階で下手に更地にしてしまうと、長期間割高な税金を払うことになる可能性もあります。


再建築ができなくなる可能性も!

土地によっては市街化調整区域という指定を受けています。市街化調整区域とは、建物の建築などが制限されている地域です。一度家を取り壊してしまうと、その後も解体前と同じ条件で家を建てることができるとは限りません。


解体しないほうが売りやすい?

家を解体してから土地を売る場合、家の解体価格を土地の価格に上乗せして売却することが通常です。そうなるとそれだけ土地の価格が上がってしまい、購入者の負担が増えてしまい売れ残ってしまう可能性があります。 また、近年ではあえて古い家屋を民泊やカフェとしたり、リフォームして居住することを目的にしている人もいます。 そういった理由から、家を解体せずあえてそのままにしておいた方が売れやすいこともあります。

初めての解体工事、何をすればいい?

家の解体工事を初めて実施する場合、何をどうすればいいかわからないことでしょう。そこで、解体業者の選び方や工事の前にしておくべきことなど家の解体が初めての方でもわかりやすいよう解説していきます。


業者さんの選び方

家の解体において解体業者の選定は非常に重要です。単に知人から紹介されたからといった安易な理由で選ぶと失敗してしまう可能性もあります。
まず、解体業者は少なくとも必要な認可を受けている業者を選ぶようにしてください。具体的には、建設業許可や解体工事業登録の有無を確認するのです。適正に認可を受けていないまま解体を実施しようとする事業者は法律を遵守していません。そういった業者は見積もりの内容も妥当でなかったり、無断で工事内容を変更したりする可能性があります。 その他にも、自社施工を行っている業者や質問に対して明確に答えてくれる業者を選ぶことで、業者選びに失敗する可能性は限りなく低くなります。
 

工事前にしておきたいこと

家の解体工事前には必ず近隣へ挨拶しておきましょう。音や埃、重機の出入りなどで近隣の方に少なからず迷惑をかけてしまうからです。 電気とガスについては契約している事業者に連絡して停止と設備の撤去をしておいてください。水道については利用することもあるため、解体業者と相談して停止の有無を決めるとよいでしょう。 CATVや有線設備のある場合はそれらについても移設や引込線の撤去が必要になります。その他にも浄化槽や便槽などがある場合は専門業者へ清掃を依頼したり、解体業者に相談して取り扱いについて確認しておいてください。



・申請と手続き

解体工事を行う前には大きく分けて3つの申請手続きを行う必要があります。

まず1つ目が建設リサイクル法に基づく申請です。すべての解体作業で必要になるわけではありませんが、家に使用されている資材や床面積、請負代金などによってはこの申請が必要になります。もし難しい場合は解体業者に依頼したり、専門の行政書士などに依頼することも可能です。

2つ目に道路の許可申請があります。道路上に作業用の車や資材を設置する場合、重機の搬入がある場合などに必要となります。こちらは解体業者に義務付けられている申請になりますが、念のため確認しておくことをおすすめします。

3つ目にごみの処分があります。家具や家電、その他粗大ごみは自治体に連絡して回収をしてもらう必要があります。いきなり当日に連絡して回収してもらうということは基本的にはできません。ただ、これについても解体業者に相談することで引き取ってもらえる可能性があります。

初めての解体工事、何をすればいい?

家の解体工事を初めて実施する場合、何をどうすればいいかわからないことでしょう。そこで、解体業者の選び方や工事の前にしておくべきことなど家の解体が初めての方でもわかりやすいよう解説していきます。


業者さんの選び方

家の解体において解体業者の選定は非常に重要です。単に知人から紹介されたからといった安易な理由で選ぶと失敗してしまう可能性もあります。
まず、解体業者は少なくとも必要な認可を受けている業者を選ぶようにしてください。具体的には、建設業許可や解体工事業登録の有無を確認するのです。適正に認可を受けていないまま解体を実施しようとする事業者は法律を遵守していません。そういった業者は見積もりの内容も妥当でなかったり、無断で工事内容を変更したりする可能性があります。 その他にも、自社施工を行っている業者や質問に対して明確に答えてくれる業者を選ぶことで、業者選びに失敗する可能性は限りなく低くなります。
 

工事前にしておきたいこと

家の解体工事前には必ず近隣へ挨拶しておきましょう。音や埃、重機の出入りなどで近隣の方に少なからず迷惑をかけてしまうからです。 電気とガスについては契約している事業者に連絡して停止と設備の撤去をしておいてください。水道については利用することもあるため、解体業者と相談して停止の有無を決めるとよいでしょう。 CATVや有線設備のある場合はそれらについても移設や引込線の撤去が必要になります。その他にも浄化槽や便槽などがある場合は専門業者へ清掃を依頼したり、解体業者に相談して取り扱いについて確認しておいてください。



・申請と手続き

解体工事を行う前には大きく分けて3つの申請手続きを行う必要があります。

まず1つ目が建設リサイクル法に基づく申請です。すべての解体作業で必要になるわけではありませんが、家に使用されている資材や床面積、請負代金などによってはこの申請が必要になります。もし難しい場合は解体業者に依頼したり、専門の行政書士などに依頼することも可能です。

2つ目に道路の許可申請があります。道路上に作業用の車や資材を設置する場合、重機の搬入がある場合などに必要となります。こちらは解体業者に義務付けられている申請になりますが、念のため確認しておくことをおすすめします。

3つ目にごみの処分があります。家具や家電、その他粗大ごみは自治体に連絡して回収をしてもらう必要があります。いきなり当日に連絡して回収してもらうということは基本的にはできません。ただ、これについても解体業者に相談することで引き取ってもらえる可能性があります。

家の解体前には解体費用について要確認

家の解体費用は構造や広さなどにより相場がある程度決まっているとはいえ、立地条件や使われている資材などにより実際の費用は異なります。 適正な解体費用で家を解体するためにも、解体業者は慎重に相見積もりを行うなどして決めることをおすすめします。  
解体を悩まれいる方は、ぜひポラスにご相談ください。
 
解体に悩まれている方はまずはポラスへ

新着コラム

更地とは?活用方法教えます!

売買や相続によって土地を取得したものの使い道が見つからず放置してはいませんか?実…

マンションの登記事項証明書の見方と取得方法を紹介

マンションの売買や名義の変更で必要な書類の一つが「登記事項証明書」です。名義が変…

手付金とは?手付金の相場と支払時期を解説

手付金という言葉を聞いたことはありますか?不動産の売買において手付金は重要な役割…

マンション売却でよくある失敗とは?後悔しないために注意すべきこと

マンションは非常に価値のある資産です。マンション売却をする際もかなりの額のお金が…

解体費用ってどれくらい?家の解体にかかる費用や解体の流れなどを詳しく解説!

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少な…

専属専任媒介とは?一般媒介との違いやメリット・デメリットは?

不動産の売買や賃貸を不動産会社に仲介してもらう際には、不動産会社と媒介(仲介)の…

専任媒介とは?不動産売買前に知っておきたい契約3つ!

不動産を売却する際、多くの方は不動産会社と契約して売却作業を進めることになります…

不動産売買契約書とは?記載内容やポイントを理解しよう!

不動産売買は非常に高額な取引になるため、必ずといっていいほど不動産売買契約書を取…

用途地域とは?概要や種類をわかりやすく解説!

建物の建築にはいくつか規制が存在するため、どこにでも好きな建物を建てられるわけで…

地積測量図とは?測量するメリットや見方について教えます!

地積測量図は土地の情報が記載された大切な書類です。とはいえ日ごろ使う機会の多い書…

家を解体したいけれど解体費用や手続きの流れがよくわからず困っているという方は少なくないでしょう。気づけばそのまま数年経過ということもあります。 今回は、家の解体費用や解体の流れについて詳しく解説していきます。