ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

マンションの買取の流れについてステップで解説!買取のメリットも紹介

マンションを売却するとき、一般的に思いつく方法が不動産会社の仲介です。
しかし、仲介よりも短期間でマンションを売却したい場合、おすすめの方法が買取による売却になります。

今回の記事では、マンションの買取の流れをステップごとに詳しく解説。また、買取と仲介の違い、買取のメリットや注意点、仲介手数料がかかるケース・かからないケースなどもご紹介します。

買取と仲介の違いは?

マンションを売却する方法には、買取と仲介があります。
買取とは、不動産会社などに物件を直接買い取ってもらう方法です。一方の仲介とは、不動産会社などに物件売却の仲介業務を依頼し、広告や販売活動を通じて買主を探してもらう方法になります。
マンションを売却する場合、一般的には、仲介が選ばれます。しかし、売却までに時間がかかる、仲介手数料がかかるなどのデメリットがあるため、注意が必要です。

マンション売却の種類

ここでは、マンションの状況に応じた売却の種類をご紹介します。
空き家と居住中を例に挙げ、それぞれ買取と仲介のどちらがおすすめなのかを見ていきましょう。
 

空き家の場合

マンションが空き家の場合、買取と仲介の両方で売却を検討することができます。
しかし、築年数が古い、面積が狭い、立地が悪いなど、買い手が付きにくい物件では、仲介での売却が難しくなる可能性があるため、買取での売却を選んだ方がよいでしょう。
 

居住中の場合

居住中のマンションを売却する場合、条件次第では、買取での売却を優先的に検討するべきかもしれません。
特に、自分のタイミング(日程)で新居購入や引越しを進めたいときは、売主の都合で売却できる買取をおすすめします。

マンション買取のステップ

実際にマンションを買取してもらう場合、どのような手順を踏むのでしょうか?
ここからは、マンション買取の具体的な流れを各ステップごとに解説します。
 

ステップ① 情報収集

まずは、情報収集から始めます。おもに、売却するマンションの市場相場や買取を依頼する買取業者の情報をチェックしてください。
また、買取のメリット・デメリット、売却に必要な書類なども調べておきましょう。
 

ステップ② 査定依頼

情報収集ができたら、買取業者に買取価格の査定を依頼します。
ここでのポイントは、必ず複数の業者に依頼することです。これは、買取価格が業者によって異なるためであり、目安は5社以上の業者に依頼し、比較することをおすすめします。
 

ステップ③ 机上査定~訪問査定

買取査定では、最初に業者が机上査定をおこないます。その名の通り、売主が伝えた物件情報のみで業者が査定をおこなう簡易的な査定方法です。
その中から、買取価格が高い数社の業者をピックアップし、実際に物件を現地調査を実施する訪問査定を受けるようにしてください。
 

ステップ④ 買取業者との交渉

訪問査定終了後、各買取業者との交渉に入ります。買取価格をはじめ、引き渡し日や残置物の処分方法などをしっかりと話し合いましょう。
信頼できる買取業者ならば、親身・誠実・柔軟に対応してくれるはずです。
 

ステップ⑤ 売買契約の締結

交渉後、買取を依頼する業者と売買契約を結びます。契約当日、契約内容の読み合わせをおこない、記述に問題がなければ、売買契約書に押印してください。
一般的には、このタイミングで手付金として買取価格の10%を受け取ります。
 

ステップ⑥ 決済・引き渡し・確定申告

最後のステップが決済・引き渡しです。
決済とは、売却額の受け取りになります。この決済と同日に、物件の引き渡しをおこなうことが一般的な流れです。マンションを退去し、業者に鍵を渡せば、買取の終了となります。
ただし、売却益が出た場合、翌年に確定申告が必要となるため、しっかりと手続きをおこないましょう。

マンション買取のメリット

ここからは、マンション買取のおもなメリットをご紹介します。マンションの買取を検討する際、その判断材料として参考にしてください。
 

メリット① 短期間で売却できる

マンション買取における最大のメリットは、物件を短期間で売却し、現金化できることです。
仲介の場合、平均的に4ヶ月~6ヶ月の売却期間が必要となりますが、買取であれば、最短1週間~最長1ヶ月ほどで売却ができます。
 

メリット② 古い物件や事故物件でも売却しやすい

仲介だと売却が難しい築年数の古いマンションでも、売却しやすい点が買取のメリットとなります。これは、買取業者が物件の修繕を前提に買取をおこなっているからです。
また、心理的瑕疵のある不人気な事故物件でも、条件次第では、売却が可能となります。
 

メリット③ 近所に売却を知られない

マンションの売却を近所に知られたくないとき、秘匿性が高い買取にメリットがあります。
仲介と違い、何度も業者や内覧者が訪れることがないため、近所にマンションの売却を気づかれず、話を進めることできるからです。

マンション買取の注意点

仲介にはない魅力的なメリットを持つ買取なのですが、実際に買取をおこなうとなれば、いくつかの注意も必要です。
ここでは、その具体的な注意点をご紹介します。
 

注意点① 相場よりも売却価格が低くなる

買取の場合、市場相場よりも売却価格が低くなってしまいます。これは、買取業者が買い取った物件を再販するために必要となる修繕費や広告費などを、買取価格から差し引くからです。
一般的に、マンションの買取価格は、市場相場の約70%前後になるでしょう。
 

注意点② 業者によって対応が異なる

買取業者ごとに規定が違うため、それぞれ対応が異なることも、マンション買取の注意点です。買取の査定額、引き渡し時期や残置物の処分方法、契約不適合責任の扱いなど、決して一律ではありません。
また、不動産会社によっては、買取をおこなわない業者もいます。

仲介手数料はかかる?かからない?

一般的にマンションの買取は、仲介手数料がかからないとされています。しかし、買取を依頼した業者によっては、仲介手数料が発生することも珍しくありません。
ここでは、仲介手数料がかかる買取・かからない買取をケース別に解説します。
 

ケース① 仲介手数料がかかる買取

仲介手数料がかかるケースとは、買取を仲介会社に依頼した場合です。物件の買取依頼を受けた仲介会社は、買主の希望に沿って買取業者を探し、マンションを売却することになります。
つまり、買取であっても仲介業者を経由しているため、仲介手数料がかかってしまうのです。
 

ケース② 仲介手数料がかからない買取

マンション買取において、仲介業者に依頼しなければ、仲介手数料がかかりません。自分で買取業者を探し、信頼できる買取業者と直接マンションの売買契約を締結するからです。
もちろん、物件の査定や売買契約書の作成などは、すべて買取業者が対応します。

資金調達を急ぐのなら、マンションは買取で売却を

マンションの買取は、急な資金調達に最適な売却方法です。離婚や転勤、相続税の納税など、物件の売却に時間をかけられない事情がある場合、この買取をおすすめします。
また、買取であれば、築年数の古いマンションでも売却に応じてくれる点がメリットです。

ただし、相場よりも売却価格が安くなる、業者によって対応や条件が異なるといった注意点があることも忘れてはいけません。しっかりと買取の仕組みや流れを把握し、十分な検討を踏まえ、マンション売却に買取を利用しましょう。

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

新着コラム

我孫子市のマンション売却相場は?売り時や地域情報について解説!

我孫子市のマンションを売却したいとお考えの方に、気になる売却相場やマンション売却…

マンションが売れない10の理由!原因と11の解決法について徹底解説!

マンションの売却をはじめたけれど、なかなか売れない…とお悩みの方に…

中古住宅の買取相場は?調べ方と仲介との違いと解説!

現在お住まいの住宅に10年以上住んでいる方、相続で古くなった土地と建物を譲り受け…

不動産買取業者の選び方のポイントを紹介!利用すべきシーンや仲介との違いも解説

不動産を手放すとき、通常であれば、不動産会社の仲介による売却方法を選びます。 …

家の買取で高く売るためのコツ

不動産買取は短期間で現金化できる確実性の高い売却方法として知られています。不動産…

戸建て売却の買取と仲介はどちらが良い?メリットと選び方を紹介

不動産を売りたいとき、最も適した売却方法を検討する必要があります。それでは、戸建…

マンション買取におすすめの物件とは?業者の種類や選び方

マンション売却を検討している方の中には、買取と仲介のどちらを選ぶべきか迷っている…

マンションの買取の流れについてステップで解説!買取のメリットも紹介

マンションを売却するとき、一般的に思いつく方法が不動産会社の仲介です。 しかし…

市川市の不動産売却相場は?一戸建て・マンションを売る際のコツや売り時について

現在、市川市の一戸建ては、どの程度の金額で取引されているのでしょうか? 市川市…

不動産買取とは?家・土地を高く売る業者選びのポイント

物件の売却方法には、不動産買取と不動産仲介の2種類があります。 今回は不動産買…