ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

不動産買取とは?家・土地を高く売る業者選びのポイント

家・土地を高く売りたい方へ

 

「すぐにでも不動産を売却したい」という方は、この記事でおすすめの売却方法をチェック

より良い不動産の売却方法を見極めることで、物件を高く売れる可能性が高まります

業界No.1の「ポラス」なら、不動産買取の買取業者選び方が詳しくわかります


物件の売却方法には、不動産買取と不動産仲介の2種類があります。
今回は不動産買取とは具体的にどのような売却方法なのか、買取はどのような手順で進むのかを紹介します。
買取と仲介ではどのような違いがあるのか、買取額に違いはあるのかも解説するので参考にしてください。

最後に買取業者選びのポイントもまとめてありますから、売却を検討中の方は最後まで読んでいってください。

不動産買取とは

不動産買取とは、所有している土地や建物を売却する方法の一つで、不動産会社に直接不動産を買い取ってもらうことです。買い取られた物件は不動産会社がリフォーム・リノベーションを施し、価値を高めてから再販されます。
古い建物でも新築同様に改修して販売することから、不動産会社の買取価格は不動産仲介に比べると低くなります。
不動産を素早く現金化したい方、確実に不動産を売却したい方におすすめの方法です。
 

不動産買取の流れ

不動産買取について一連の流れを紹介します。
買取は以下の流れで進みます。
 

1. 不動産会社に見積もりを依頼
2. 不動産会社による簡易的な価格査定
3. 見積もりを確認し、買取を依頼
4. 物件を詳細に調査し買取価格決定
5. 不動産会社と売買契約締結
6. 物件の引き渡し・振込


不動産買取では、まず不動産会社を見つけて見積もりを依頼しましょう。
見積もりを依頼するのは、複数社にお願いしたほうが価格を比較できておすすめです。

買取査定の結果が判明したら、買い取ってもらう不動産会社を選び、本格的な査定を行ってもらいます。
不動産会社との売買契約を締結する際は、事前に必要な書類を準備しておきましょう。

必要となる書類は以下の通りです。
 

・権利証や登記識別情報
・実印
・印鑑証明書
 (売買契約の日から遡って3カ月以内に発行されたもの)
・住民票
・収入印紙
・固定資産評価証明書
・実測図
・建築確認済証
・顔写真付きの本人確認書類
 (免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)


不動産の種類によっては必要なものが変わり、場合によっては不動産会社に委任できるものもあります。必要な物は何か、契約前に不動産会社に確認してみましょう。
引き渡しの期日については、契約書に記載されているのでこちらもチェックしてください。

買取の場合、家の中の備品、不用品の処分についても契約内容に含まれることがあります。一緒に処分したいものがある場合は伝えるとともに、引き取りたいものと区別することが大事です。

不動産の売却益は引渡し完了後に支払われますが、事前に手付金を代金の1割程度支払われるのが一般的です。
物件と鍵の引き渡し、所有権移転登記まで完了すれば、すべての取引は終了します。
取引後は契約通りに金額が振り込まれているか、必ずチェックしてください。

不動産仲介との違い

不動産買取と不動産仲介は別の売却方法です。不動産仲介とはどのような売却方法なのか、違いを比較しながら紹介します。
 

そもそも不動産仲介とは

不動産仲介とは、物件を個人の買い手に売却するために、不動産会社を仲介して広告を出してもらう方法です。
不動産買取と違い、相場価格で売買できることから高額買取も期待できます。仲介は買い手が見つかるまで広告を掲載し、希望者が現れたら内見を行い、売買契約を締結します。
 

売却の進め方の違い

不動産仲介と不動産買取では、進め方の違いについても確認します。
 

【不動産買取】

 1.不動産会社に見積もりを依頼
 2.不動産会社による簡易的な価格査定
 3.見積もりを確認し、買取を依頼
 4.物件を詳細に調査し買取価格決定
 5.不動産会社と売買契約締結
 6.物件の引き渡し・振込
 

【不動産仲介】

 1.不動産会社に見積もりを依頼
 2.不動産会社による簡易的な価格査定
 3.不動産会社と媒介契約・買い手の募集開始
 4.希望者の内見案内
 5.購入の申し込み
 6.買い手と交渉・売買契約締結
 7.物件の引き渡し・振込

不動産仲介は不動産会社の査定までは同じ手順ですが、その後は広告掲載へと移行します。不動産会社の広告を見て、物件に興味を持った購入希望者には内見を行い、交渉も必要です。
売買契約締結後は引き渡し期日に物件を明け渡し、売買の代金を受け取ります。
 

売却金額の違い

不動産仲介の場合、売主は物件をそのまま売りに出せることから、市場価格に合わせた金額を提示できます。
一方、不動産買取では不動産会社がいったん買い取って、リフォーム・リノベーションを行ってから販売して利益を出す仕組みです。
そのため、不動産買取はリフォーム費用に加えて、不動産会社の利益が出る価格でしか買い取ってもらえません。

不動産買取の場合は、相場価格の7割程度で買い取られるのが一般的です。
不動産仲介は売却価格は高いですが、仲介手数料が発生することには注意してください。不動産会社に支払う手数料は、「売却価格の3%+ 6万円+消費税」です。
 

売却にかかる時間の違い

不動産買取と不動産仲介での売却時間の違いも比較します。
 

【不動産買取】1週間~1か月  

【不動産仲介】数カ月~数年


不動産買取は不動産会社を決定すれば、短期間で売買契約、引き渡し、現金化ができます。
一方で不動産仲介の場合は、広告を掲載しても買い手が見つかるとは限らず、場合によっては1年以上買い手がつかないこともあります。

不動産買取は短期間で確実に売却できる安心感があるため、古い物件を持っている方でも安心です。

「即時買取」と「買取保証制度」について

買取には「即時買取」と「買取保証制度」があります。
それぞれ不動産買取で利用すると便利な方法ですから、ポイントを押さえて利用してみてください。
 

「即時買取」

即時買取は不動産会社と交渉し、買取金額が決定したらすぐに物件を買い取る方法です。
通常の不動産買取は市場価格の7割程度ですが、即時買取は7割を下回ることがあります。素早く現金化したい方にはおすすめです。

 

「買取保証制度」

買取保証は不動産仲介の方法で買い手を募集し、決められた期間内に買い手が見つからなければ、不動産会社が買い取る方法です。

不動産仲介はすぐに買い手が見つからないことも多く、想定した期間内に売買できないこともあります。引っ越しや住み替えの予定が決まっている場合、不動産会社で素早く現金化できるメリットがあります。

不動産買取のメリット

買取と仲介の違いがわかったところで、不動産買取のメリットを見ていきましょう。
 

メリット① 売却までのスピードが速い

不動産買取の最大のメリットは、なによりも売却スピードの早さです。不動産仲介では数ヶ月掛かっても売れないケースもありますが、不動産買取なら1カ月以内に売却完了します。
また、即時買取を利用すればほぼ確実に売却できるため、売却後の資金計画も立てやすいでしょう。引越し、住み替え、ライフイベント等の予定がはっきりしている方は、不動産買取がおすすめです。
 

メリット② 近所に知られる心配がない

不動産買取では仲介のように広告が不要で、不動産会社だけに依頼して売買を完結します。
内見で人が出入りすることもないため、周囲の人の視線が気になりません。近隣の住民、知人に売却を知られたくない方にもおすすめです。
 

メリット③ 契約不適合責任が発生しない

契約不適合責任とは、売買契約で物件を引き渡した後に欠陥が発覚した場合に、売主が欠陥の補修対応などを行う決まりです。不動産仲介では現状のままで引き渡すことから、買主から契約不適合責任を追及される恐れがあります。

不動産売買では所有権が不動産会社に移転するため、元の持ち主には契約不適合責任を問うことはできません。契約後に責任追及されるリスクがないため、気持ちよく売却できます。
 

メリット④ 内見の案内が不要

不動産売買では不動産会社に売却後、内見希望者への案内は発生しません。売却後の内見対応は不動産会社が行います。
内見を行う時間と手間が発生しないのは、忙しい日々を送る人にとってはメリットと言えるでしょう。

不動産買取のデメリット

続いて、不動産買取のデメリットを見ていきましょう。
 

デメリット① 相場よりも売却価格が低くなる

不動産買取では、不動産会社が一度買い取ってからリフォーム・リノベーションを行います。再販で利益を稼ぐ仕組みですから、改修費用までを予想して利益が出る価格でしか買い取ってもらえません。
不動産買取では市場価格の7~8割程度の買取価格になることは理解しておきましょう。
 

デメリット② 地域、状況次第で買取ができない

不動産会社は買取後にリフォーム等を行って再販しますが、利益の出にくい物件は買い取れないこともあります。
人里から離れた人気のない物件、リフォーム自体が難しい物件など、買い取っても再販が難しいものは断られやすいのです。この場合は不動産買取よりも、不動産仲介で地道に買い手を探す方がおすすめです。

不動産買取業者の選び方のポイント

不動産買取では業者選びも重要になります。
不動産買取での買取業者選びのポイントは次のとおりです。
 

・近隣地域・類似物件の販売実績を確認する
・査定基準が明確になっているか
・媒介契約を勧めてくる相手は選ばない
・複数の買取業者に査定を依頼する
・対応が誠実かどうか


買取業者を選ぶ際は、過去の実績を確認して、売却する物件の近隣地域、似た間取りの物件の販売実績が豊富なところから選びましょう。
販売実績が豊富ということは買取の経験も豊富で、査定も正確に行ってくれる期待が持てます。

査定基準についても確認しておくべきです。査定額が提案されても、根拠が明確でない場合は安く買い叩こうとしている可能性があります。
また、不動産買取を希望しているのに、媒介契約締結を勧めてくる場合も要注意です。仲介をしながら値下げを繰り返し、不当に安く売りつける悪徳業者もいるからです。
複数の業者に査定を依頼し、その中で良い業者を選びましょう。

そして最も大事なことは、信頼できる業者を選ぶことです。
査定依頼した際の対応が丁寧で誠実な業者を選んでください。

不動産売却は、信頼できる不動産会社を選択しよう

不動産売却では買取と仲介の2つから選ぶことが多いですが、買取は素早い現金化ができるメリットがあります。
売却価格は仲介に比べると安くなりますが、不動産会社によって買取価格も若干の差があります。より良い物件売却には複数の業者に査定依頼し、比較検討することが大事です。

また、思い入れのある物件を売るわけですから、価格だけでなく丁寧に取り扱ってくれる信頼できる業者を選ぶべきです。
即時買取、買取保証制度など満足のいくサービスを提供する不動産会社を選択してください。

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

新着コラム

中古住宅の買取相場は?調べ方と仲介との違いと解説!

中古住宅の正確な買取相場を知りたい方へ   ✓「中古住宅の買取…

不動産買取業者の選び方のポイントを紹介!利用すべきシーンや仲介との違いも解説

不動産買取業者をお探しの方へ   ✓「不動産買取業者」を探す場…

家の買取で高く売るためのコツ

家を高値で売却したい方へ   ✓「不動産買取で売却する方法を知…

戸建て売却の買取と仲介はどちらが良い?メリットと選び方を紹介

上手に戸建てを売却したい方へ   ✓「戸建てを上手に売却したい…

マンション買取におすすめの物件とは?業者の種類や選び方

マンションの売却を検討している方へ   ✓買取と仲介のどちらを…

マンションの買取の流れについてステップで解説!買取のメリットも紹介

マンションの買取の流れを知りたい方は必見   ✓「マンションの…

市川市の不動産売却相場は?一戸建て・マンションを売る際のコツや売り時について

市川市の不動産を売却したい方へ   ✓「市川市の不動産を高く売…

不動産買取とは?家・土地を高く売る業者選びのポイント

家・土地を高く売りたい方へ   ✓「すぐにでも不動産を売却した…

土地買取と仲介との違いとは?メリット・デメリットを比較

土地の売却を考えている方へ   ✓「土地を少しでも早く売却した…

離婚したらマンションは売却すべき?住み続けることは可能?財産分与や税金についても解説

離婚した場合、親権や金銭的な問題を解決しなければなりません。なかでも所有している…