ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

中古戸建の売却は買取?仲介?それぞれの相場と高く売るコツを解説

中古戸建の売却を検討中の方は必見

 

「中古戸建を高く売りたい」という方は、この記事で売却方法をチェック

買取による中古戸建の売却方法を知れば、自分の状況にあった売却が可能になります

業界No.1の「ポラス」なら、中古戸建ての最適な売却方法が見つかります


中古戸建の売却方法には、買取と仲介の2種類があります。
一般的には、仲介での売却を選ぶ売主が多いのですが、状況や条件などによっては、買取の方が売却に適している場合もあるのです。

そこで、今回の記事は、中古戸建の買取に関する情報を集めてみました。中古の買取相場が市場価格よりも低い理由をはじめ、築年数で見る買取相場、買取のメリット・デメリットを徹底解説。
また、買取で中古戸建を高く売るコツもご紹介します。

中古戸建の買取価格は仲介の7割の相場

買取業者に中古戸建を買取してもらう場合、仲介による市場相場よりも売却価格が低くなりがちです。
一般的には、仲介の7割程度が買取価格の相場になっています。たとえば、仲介で5,000万円の価格がつく中古戸建ならば、買取だと3,500万円ほどの価格になるということです。

中古の買取相場が市場価格より低いのはなぜ?

どうして、中古戸建の買取相場は、市場価格よりも低くなるのでしょうか?
ここからは、その具体的な理由を解説します。
 

理由① 修繕費用を差し引かれるため

買取価格が市場価格よりも低くなる理由は、修繕費用を差し引かれるためです。買取業者は、中古戸建を再販する前提で買い取ります。
中古戸建を高値で売却するためには、リフォームやリノベーションをおこない、物件の需要が高まる付加価値をつけなければなりません。その費用を捻出するため、中古戸建の買取価格は低くなるのです。
 

理由② 買取業者の利益分を差し引かれるため

買取業者の利益分を差し引かれる点も、買取価格が低くなる理由のひとつです。買い取った中古戸建を再販する際、物件の修繕費用の他に、広告費や人件費などの販売費用がかかってしまいます。
そのため、買取業者は、あらかじめ利益が確保できるように、買取価格を市場価格よりも低く設定しておく必要があるからです。
 

理由③ 売主が早く売却したいため

中古戸建ての買取相場が市場価格より低い理由として、売主の都合も影響しています。買取での売却を選ぶ売主は、売却価格よりも売却期間を優先するからです。
つまり、売主が資金調達を急ぐあまり、物件を早く売却したいことから、市場価格以下の価格で売却するケースが多いため、おのずと買取価格の相場が低くなってしまいます。

築年数で見る中古戸建の買取相場

中古戸建の買取相場は、物件の築年数にも大きく左右されます。
ポイントは、築年数が長いほど売却価格が下がることです。ここからは、築年数別による中古戸建の買取相場を見ていきましょう。
 

新築~築10年

新築~築10年以内の中古戸建は、最も住宅の価値が下落する時期です。
国土交通省の査定例によれば、新築価格の約50%まで買取相場が下がってしまいます。
 

築11~20年

築11年~築20年の中古戸建は、買取相場が新築価格の約20%まで下がります。
まだ、物件の資産価値が認められている時期ですが、かなり厳しい買取価格となるでしょう。
 

築21~30年以上

築21年~築30年以上の中古戸建になると、ほぼ資産価値が認められません。しかし、物件を適切に修繕している場合は、価値がつくこともあります。
この時期になれば、更地にして土地だけを買取に出す方法もおすすめです。

戸建買取のメリット

ここからは、中古戸建を買取で売却するメリットをご紹介します。
仲介での売却にはない早さや確実さ、手軽さなどが買取の利点です。
 

メリット① 短期間で確実に現金化できる

中古戸建を買取で売却するメリットは、短期間で確実に現金化できる点です。仲介での売却は、平均的に4ヶ月~6ヶ月程度の売却期間を要します。また、確実に売れる保障はありません。
しかし、買取の売却期間は1週間~1ヶ月程度とスピーディーであり、取引相手が買取業者のため、ほぼ確実に売却することが可能なのです。
 

メリット② 仲介手数料が不要

仲介手数料がかからない点も、買取で中古戸建を売却するメリットに挙げられます。
買取の場合、買取業者と物件の売買契約を直接締結するため、仲介業者に買い手を探してもらう販売活動のような仲介業務が発生しないからです。
 

メリット③ 近所に知られることなく売却できる

仲介の場合、何度も仲介業者や内覧希望者が家を訪れます。また、広告やチラシの影響から、売却の事実が近所に知られる可能性が否めません。
しかし、買取ならば、基本的に買取業者による現地査定のための訪問が1度限りです。このような秘匿性の高さも、買取ならではのメリットに挙げられます。

戸建買取のデメリット

中古戸建を買取で売却する場合、少なからずデメリットもあります。
事前に、買取で考えられるリスクも把握しておけば、売却時の参考になるはずです。
 

デメリット① 相場よりも売却価格が安い

中古戸建を買取で売却すれば、売却価格が安くなるデメリットが生じます。一般的な仲介による市場相場と比較した場合、約7割ほどの価格しかつきません。
買取業者が買取をおこなう目的は、物件の転売にあります。しかし、市場相場と同額で買い取れば、転売の際に、買取業者が利益を得られないため、どうしても価格が安くなってしまうのです。
 

デメリット② 買取業者の数が少ない

中古戸建の買取業者が少ないことも、戸建買取におけるデメリットのひとつです。これは、中古マンションと比較した場合、販売価格の予測が難しい中古戸建は、売れ残る可能性が高い点が理由とされています。
このように、買取業者の数が少ないため、探しにくいリスクが生じてしまいます。

買取で中古戸建を高く売るコツ

仲介の市場相場よりも、売却価格が30%ほど安くなってしまう買取の売却価格。
そこで、ここからは、買取で中古戸建を高く売るコツをご紹介します。
 

コツ① 実績豊富な買取業者を選定

必ず中古戸建の買取実績が豊富な業者を選定してください。その取引数が証明する経験に基づき、信頼できる買取査定をおこなってくれるからです。
できるだけ物件のある地域で、中古戸建の買取実績が多い業者を選ぶとよいでしょう。
 

コツ② 買取査定を複数の業者に依頼する

買取業者に査定を依頼するときは、複数の業者に依頼しましょう。これは、買取業者によって査定額が異なるためです。
5社を目安に査定を依頼し、それぞれが提示する査定額を比較すれば、中古戸建を高く売ることができます。
 

コツ③ 買取依頼の時期に注意

買取を依頼する時期を間違えないことも、買取で中古戸建を高く売るコツです。
ポイントは、春の新生活に向け、不動産取引が活性化する1月~3月の繁盛期を狙えば、他の時期よりも、高い買取査定をおこなってくれます。
 

コツ④ 買取の種類を把握しておく

買取には「即時買取」と「買取保証」があります。即時買取とは、業者が物件をすぐに買い取る方法です。
買取保証とは、仲介で一定期間販売活動をおこない、売却できなければ、業者が買い取る方法になります。これを把握しておけば、自分の状況に最適な買取方法を選べるため、結果的に中古戸建を高く売ることができるでしょう。

早く中古戸建を売りたいときは買取がおすすめ

買取による中古戸建の売却は、仲介による売却での市場相場と比べれば、約7割程度の価格に下がってしまいます。
この価格だけを見ると「買取は損をする」と思いがちなのですが、確実に短期間で現金化できる、仲介手数料がかからない、秘匿性が高いなど、仲介にはない買取ならではのメリットがあることも事実です。

中古戸建の売却する場合、買取でのメリットとデメリットや自分の状況を踏まえ、売却を検討してみるとよいでしょう。

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

新着コラム

中古住宅の買取相場は?調べ方と仲介との違いと解説!

中古住宅の正確な買取相場を知りたい方へ   ✓「中古住宅の買取…

不動産買取業者の選び方のポイントを紹介!利用すべきシーンや仲介との違いも解説

不動産買取業者をお探しの方へ   ✓「不動産買取業者」を探す場…

家の買取で高く売るためのコツ

家を高値で売却したい方へ   ✓「不動産買取で売却する方法を知…

戸建て売却の買取と仲介はどちらが良い?メリットと選び方を紹介

上手に戸建てを売却したい方へ   ✓「戸建てを上手に売却したい…

マンション買取におすすめの物件とは?業者の種類や選び方

マンションの売却を検討している方へ   ✓買取と仲介のどちらを…

マンションの買取の流れについてステップで解説!買取のメリットも紹介

マンションの買取の流れを知りたい方は必見   ✓「マンションの…

市川市の不動産売却相場は?一戸建て・マンションを売る際のコツや売り時について

市川市の不動産を売却したい方へ   ✓「市川市の不動産を高く売…

不動産買取とは?家・土地を高く売る業者選びのポイント

家・土地を高く売りたい方へ   ✓「すぐにでも不動産を売却した…

土地買取と仲介との違いとは?メリット・デメリットを比較

土地の売却を考えている方へ   ✓「土地を少しでも早く売却した…

離婚したらマンションは売却すべき?住み続けることは可能?財産分与や税金についても解説

離婚した場合、親権や金銭的な問題を解決しなければなりません。なかでも所有している…