ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

足立区の土地売却相場は?土地を高く売るコツや売り時、地域状況について

足立区の土地を売却したい方は必見

  • 「足立区の土地を高値で売却したい」という方は、この記事で売値相場をチェック
  • 足立区の土地の売却方法や売り時を把握することで、有利な条件で売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「ポラス」なら、足立区の土地に最適な売却方法が見つかります
東京23区の最北端に位置する足立区は、近年再開発が進み、その高い利便性が注目を集めている人気の街です。そんな足立区の土地を賢く売るためには、売却相場を把握しておかねばなりません。

そこで今回の記事では、足立区の土地売却相場をはじめ、土地に関する近年の動向、ベストな売り時、土地売却に必要な費用・税金、土地の地域特性、高く売るコツ、売却時の注意点を徹底的に解説します。

目次

足立区の土地に関する近年の動向

まずは、足立区における近年の土地の動きや特徴をご紹介します。
 

住民の約8割が「暮らしやすい」

約69万人が暮らす足立区は、東京都で4番目に人口の多いエリアです。区の世論調査によれば、住民の約8割が暮らしやすいと答えており、定住意向や愛着を持たれています。
 

大学が次々と設立

足立区では、東京藝術大学千住キャンパスをはじめ、東京未来大学・帝京科学大学・東京電機大学新キャンパス・文教大学東京あだちキャンパスなど、教育関連施設が数多く設立しています。
 

商業利便性が高い

商業利便性の高さも足立区の特徴です。幹線道路沿いに商業施設が点在し、北千住駅や西新井駅には、大型商業施設もあります。また、地域に密着したスーパーや商店などの数も豊富です。

足立区の土地売却相場

足立区の土地売却相場は、現在どのような状況なのでしょうか?
ここでは、足立区の土地売却価格の推移、足立区のエリア別土地売却相場、相場を調べる方法を解説します。
 

足立区の土地売却相場の推移

足立区の土地平均坪単価は39.2万円/㎡です(2020年の公示地価)。これは、過去20年で最も高い価格であり、足立区の土地売却相場は、高水準を推移しているといえます。
 

足立区のエリア別土地売却相場

東京都内における足立区の土地売却相場は、23区の中で江戸川区に続き22番目です。都内で比較すれば、低い地価なのですが、同年の全国平均地価である約24万円/㎡を大きく上回っています。
 

具体的な相場を調べる方法

足立区の土地売却相場は、同じ区内であっても地域ごとに大きく差が開いています。
より具体的な相場を調べる場合、土地の売出価格・実際の取引価格・相続税路線価を確認してください。それぞれ、不動産会社の広告サイト・取引事例確認サイト・全国地価マップで調べることができます。

足立区の土地売却における売り時

足立区の土地を売却する場合、その最適なタイミングは、一体いつなのでしょうか?ここでは、売り時を決める重要な要素とベストな売り時を解説します。
 

世帯数の減少

専門機関の調査によると、住宅の需要は2023年以降、減少していくとされています。住宅を必要とする世帯数が少なくなるということは、土地の買い手も少なくなり、足立区の相場も下がってしまう可能性も考えられます。
そうなってしまう前の今が売り時と判断するのは妥当な選択でしょう。
 

低金利によるローンの影響

首都圏では、近年新築戸建の成約数が伸びており、これは、同時に土地が売れていることを意味しています。その理由として2013年から続く金融緩和政策における低金利が大きく影響しているようです。
現在住宅ローンの金利は1%前後と低金利になっているため、買主が住宅ローンを組みやすい状態となっています。

このような要素を踏まえた場合、足立区の土地売却におけるベストな売り時は、市場の相場が安定し、低金利で買い手の付きやすい今といえるでしょう。

足立区の土地売却に必要な費用・税金

ここからは、足立区の土地売却に必ず必要な費用や税金をご紹介します。また、状況により掛かる費用や戻ってくる可能性のある費用も見ていきましょう。
 

必ずかかる費用

足立区の土地を売却する場合、仲介手数料と印紙代が必ずかかる費用です。しかし、電子契約の場合は、印紙税の必要はありません。

仲介手数料とは、土地の買主を見つけ、売買のサポートをしてくれた仲介業者に支払う成功報酬になります。

印紙代とは、売買契約書に貼り付ける売却価格ごとに必要な税金のことです。
ただし、デジタル庁から令和4年5月9日に公布された「情報通信技術を利用する方法による国の歳入等の納付に関する法律(令和4年法律第39号)」により、不動産取引について電子契約で締結できるようになったため、電子契約の場合は印紙税の課税はありません。
 

状況により掛かる費用

土地の状態や販売状況、売主の希望などによってかかる費用があります。それが、土地の測量費用、境界確定費用、物件調査費用などです。
また、追加広告費、土地売却に必要な抵当権抹消登記費用、ローン返済手数料、譲渡所得税・住民税・消費税がかかるケースもあります。
 

戻ってくる可能性のある費用

固定資産税や都市計画税の清算金は、売主が土地の引渡し時に1年分の税金を納付済みであれば、必ず戻ってきます。
また、状況次第では、ローン保証料も返金されるかもしれません。さらに、売却益がマイナスの場合、所得税が戻ってくる可能性もあるでしょう。

足立区の土地の地域特性

そもそも足立区とは、どのような土地なのでしょうか?ここでは、足立区の地域特性をご紹介します。
 

地域特性から戦略を立てるメリット

足立区の土地を売却するときは、必ず地域特性を事前に把握しておきましょう。足立区の基本情報を知っておくことで、その土地に最適な販売戦略を立てやすくなるからです。
 

地域特性① 歴史と魅力

江戸時代に、日光道中最初の宿場として発展をはじめた歴史ある足立区。
東京23区の約9%にあたる広大な面積を誇り、西新井大師や舎人公園、荒川でおこなわれる足立の花火など、多くの名所旧跡に恵まれたエリアです。
 

地域特性② 人口推移

足立区の人口は2020年において約69万人です。今後も増加傾向にあると見られていますが2030年以降ゆるやかな減少に転じるとされています。
 

地域特性③ 人気・注目エリア

北千住・西新井・綾瀬は、商業利便性に加え、発達した交通網や美しい景観などが高い人気を集めています。また、梅島・竹ノ塚なども注目度の高いエリアです。

足立区の土地を高く売るコツ

足立区の土地を高く売るためには、押さえておくべきコツがあります。
ここをしっかりと押さえておけば、足立区の土地を高値で売却できる可能性が上がるでしょう。
 

コツ① 販売価格の設定

土地の買い手が値引きを求めてくる価格交渉を前提に、販売価格を決めておくことです。
あらかじめ販売価格を査定額の10%UPに設定し、値引きの余地を持たせることで、足立区の土地を高く売ることができます。
 

コツ② 販売期間に余裕を持たせる

販売期間に余裕を設けることも、足立区の土地を高く売るコツです。販売期間が長ければ、多くの購入希望者と出会えるチャンスがあり、売買交渉にも時間をかけられます。
売買契約成立~引き渡しを含め、最短でも4ヶ月~6ヶ月を見込んでおきましょう。

足立区の土地売却における注意点

足立区の土地を売却する際、いくつかの注意点があります。
その中でも特に注意すべきポイントが、土地売却を依頼する仲介業者の選び方や、締結する媒介契約の内容です。
 

注意点①複数の業者に査定を依頼する

土地の売却査定額は、依頼する仲介業者によって異なります。そのため、必ず複数の仲介業者に査定を依頼してください。これは、各仲介業者の査定額、仲介手数料、販売戦略、サービス内容などを比較するためです。
また、提示された査定額の根拠を明確に説明してくれるか否かも、仲介業者を見極める際の注意点になります。
 

注意点②媒介契約の選び方

仲介業者と締結する媒介契約の選び方にも注意しましょう。媒介契約には「専任媒介契約」と「一般媒介契約」があり、それぞれ、販売活動の内容が異なるからです。

最初に締結する契約は、専任媒介契約をおすすめします。複数との契約が可能な一般媒介契約と違い、独占契約の専任媒介契約は、契約期間内に成果を上げるため、積極的な販売活動を展開してくれるからです。

足立区の土地は今が売り時のタイミング!

現在足立区の土地売却相場は、過去20年の中で最高値の状態です。
2020年の公示地価は39.2万円/㎡となっており、相場の動き、コロナウイルスの影響、低金利の影響などを考慮すれば、まさに今が足立区の土地を売り出すタイミングといえます。

実際に売り出す場合、足立区の地域特性、販売価格・販売期間・仲介業者の設定や選定に注意し、賢く足立区の土地を売却するようにしましょう。

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

無料まずは気軽に無料査定

WEB査定依頼

お電話でも査定受付中!

【不動産売却専用ダイヤル】0120-89-9121

受付時間9:00~18:00 定休日:毎週水曜日