ポラスの不動産売却 ポラスの不動産売却

ポラスの仲介

川口市の不動産売却相場は?売り時や地域情報について

交通の利便性や住環境の良さから、緩やかに人口の増加が続いている埼玉県川口市。住宅需要や不動産相場において、川口市はどのような需要変化が予想されるのでしょうか。川口市内のマンションや一戸建ての売却相場を中心に、不動産を売却する際に押さえておくべきポイントをまとめていきます。

川口市の不動産売却相場

埼玉県の南端に位置し、東京に隣接したアクセスの良さで人気の街・川口市の不動産売却相場はいくらくらいなのでしょうか。
 

川口市の不動産売却価格の推移

2020年の川口市のマンション売却相場は、2,244.1万円です。2017年時点では2,415.2万円であり、ここ数年で下落している傾向が伺えます。
また、2020年の川口市の一戸建て売却相場は、2,996.8万円です。2017年時点では3,206.8万円となっており、マンション同様下落傾向が見られます。
一方で、土地の坪単価はここ数年で右肩上がりの傾向があり、2020年では91.7万円と、3年で20万円以上価格が上がっています。マンションと一戸建ての取引平均額が下落している一方、土地の価格は上昇傾向にあります。
 

県内での売却相場を比較

川口市の埼玉県内でのマンション売却相場は、戸田市、さいたま市に次ぐ3番目の高さになります。県内でも屈指の売却に適した地域と言え、特に川口市内でも最も中心的なエリアとなる川口駅周辺は、マンション、一戸建て共に相場の高い傾向が見られます。

川口市の不動産売却事例

川口市内で2019年から2020年にかけて実際に取引された事例をもとに、売却の相場価格を見ていきましょう。

マンションの取引事例

川口市内のマンションは築年数が経っていても高値で取引されている傾向があります。 川口駅から5分の飯塚にある築14年の3LDKマンションは、取引価格4,300万円で売却されています。また、西川口駅から17分の上青木西になると、築19年の4LDKマンションで、3,300万円の価格で売却されています。
 

一戸建ての取引事例

一戸建ての場合もマンションと同様に築年数の経過した物件でも高額で売却取引されています。
川口駅から3分の築18年、65平米の物件が4,900万円で売却されています。また、西川口駅から10分の筑41年、140平米の物件は、3,400万円で売却された事例があります。
 

土地の取引事例

川口駅から14分の飯塚では坪単価120万円、110平米の面積で、4,000万円で取引されています。東川口駅から19分の戸塚東では、坪単価が57万円、190平米の面積で、3,300万円で取引された事例があります。

川口市の売出し物件の特徴とは?

川口市に売り出されている物件にはどのような特徴があるのでしょうか。市内周辺の環境からその特徴を見ていきましょう。
 

特徴①住環境が良い

川口市の駅周辺は様々なショッピング施設が揃っており、どのエリアに住んでも生活に困ることはない住環境の良さが特徴です。荒川が近くにあるため、ゴルフやバーベキューなどのレジャー施設が充実しており、自然に隣接した環境で過ごせるところが大きな魅力です。
 

特徴②アクセスの利便性が良い

川口市内は、JRの武蔵野線と京浜東北線に加えて、埼玉高速鉄道が走っており、東京駅や新宿駅などに乗り換えなしで行くことが可能です。東京都北区の赤羽駅などが隣接しているため、アクセスの利便性の良さが川口市内の物件の大きな特徴です。
 

特徴③再開発が進む転換期

近年、駅前の商店街を中心に再開発が進んでいる川口市。JR川口駅東口には大型複合ビルの誕生が計画されているなど、今後さらなる街の発展が期待できます。 また、建物の耐震性、災害時の防災設備の充実など、都市型住宅としての機能拡充が推し進められている点にも注目です。

川口市の不動産売却における売り時

川口市内での不動産売却に関して、より高い価格で売却したいと考えている場合は、今すぐ売却することを推奨します。川口市は、人口が増加しているにも関わらず、マンションも一戸建ても価格が下落しており、既に住宅の供給過多になりつつあると言えます。 また、2022年に川口市内の農地の宅地化が進むと、不動産の価格はさらに下落が進むと予測されます。これらの見通しから、なるべく早いうちに売却を検討することが最適であると思われます。

川口市の不動産売却の流れと費用

実際に不動産売却を行う際に、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?売却時に発生する費用の内容とともに確認していきましょう。
 

不動産売却の流れ

不動産売却の基本的な流れは以下のようになります。
1. 査定依頼
2. 机上査定の結果の返事
3. 不動産会社選び
4. 訪問査定依頼
5. 訪問査定
6. 媒介契約締結
7. 売却活動
8. 売買契約締結 まず、不動産会社に査定依頼を出すと、周辺地域の相場をもとに机上査定が行われます。机上査定の結果が揃ったら、訪問査定をする不動産会社を選び、訪問の日程を調整します。訪問査定の結果から仲介を依頼する不動産会社を決めて、媒介契約を結びます。媒介契約を結んだら、買主を探すための宣伝活動を行います。そして買主が購入を決めたら、価格交渉を行い、売買契約を結ぶという流れになります。
 

不動産売却に必要な費用

不動産売却には、大きく分けて5つの費用がかかります。不動産会社に支払う「仲介手数料」、売買契約書に必要な収入印紙の「印紙税」、抵当権を抹消するために必要な「抵当権抹消登記費用」、不動産の売却時に発生する「譲渡所得税」、そして新居に移るための「引越し費用」です。
その他にも売却のケースによって発生する費用があるため、事前にどのくらいの費用がかかるのか確認しておくとよいでしょう。

川口市の不動産売却を成功させるための業者選びのコツ

不動産売却は、信頼できる不動産業者と媒介を結ぶことが成功の秘訣です。自分に合った業者や担当者に出会うためのコツを押さえておきましょう。
 

コツ①担当者がしっかりしているか確認

担当者の力量を判断する1つの基準として、宅地建物取引士の資格を持っているかどうかが重要です。資格を持っている担当者には、不動産取引に関する専門知識があることが担保されるため、チェックしておくとよいでしょう。
また、営業電話がしつこかったり、連絡が極端に遅かったりするなど、少しでも対応に不審な点や不満がある場合は、担当者や業者の変更を検討しましょう。
 

コツ②査定依頼を複数業者で比較する

売却の査定を検討する際には、1社だけでなく必ず複数の業者に査定依頼するようにしましょう。複数の業者に依頼することで、適正な相場を知ることができ、信頼できる不動産会社に出会える可能性が高くなります。

スムーズな取引で川口市の不動産売却を成功させよう

住環境の良さから人気のスポットである一方で、住宅の供給過多傾向が予想される川口市。不動産売却を行いたい場合には、なるべく早いうちに検討を行い、信頼のできる不動産会社を選んで、スムーズな取引を目指しましょう。

監修者

コラム監修者 大沼
大沼 春香(おおぬま はるか)

宅地建物取引士
埼玉県・千葉県・東京都一部に拠点を置く
不動産売買仲介会社に15年以上従事。
自身も不動産購入を経験し「初心者にもわかりやすい
実態に基づいたパンフレット・資料に定評がある。

最近はWEBや自社セミナーなどでの情報発信も行っている。

新着コラム

住宅の査定の流れや必要な書類・費用相場は?見られているポイントや注意点も解説

家を手放そうと決めたときには、「その家を売る前に確認すべきこと」「査定の流れとそ…

譲渡所得の特別控除とは?適用に関する注意点や控除の内容について解説

譲渡所得は課税対象なのですが、控除が適用されることによって税金が安くなったり、納…

空き家の固定資産税はいくら?減税される場合もある?

使わない家は空き家として放置しても大丈夫だと思っていませんか? 仮に誰も利用し…

川口市の不動産売却相場は?売り時や地域情報について

交通の利便性や住環境の良さから、緩やかに人口の増加が続いている埼玉県川口市。住宅…

さいたま市大宮区の不動産を売却するには?売却相場や不動産会社の選び方について

さいたま市大宮区の不動産の売却相場はどれくらい?さいたま市大宮区の土地やマンショ…

不動産売却にかかる税金とは?種類や節税方法をご紹介

不動産を売却する際には、入ってくるお金もあれば、出て行くお金もあります。出て行く…

さいたま市浦和区の不動産を売却するには?売却相場や不動産会社の選び方について

さいたま市浦和区にある戸建てやマンションなどの不動産について売却を考えている方に…

マンションが売れない場合に考えられる原因と対策について

マンションの売却をはじめたけれど、なかなか売れない…とお悩みの方に…

持ち家がいらない理由とは?不要な家を処分するメリットや処分方法について

持ち家はいらないといわれることも珍しくはない時代となりました。一体なぜ持ち家がい…

築40年でも売れる!築古マンションの需要と売却のポイントについて

日本では、1970年住宅金融公庫の融資制度がスタートしたことによって、全国で分譲…